根岸ステークスとフェブラリーステークスの関連性について

Pocket

先日行われた根岸ステークスは
1番人気 モーニン が完勝

道中先団につけて、直線余裕をもって
抜け出すという横綱相撲で完勝しました。

地力が高かったというのはもちろんですが
ペースもそれほど速くならず、自分の競馬が出来たという点が一番の勝因です。

2着は タールタン が入りました。

東京1400mへの適性の高さはもちろんですが
好位で競馬をしてしっかりと勝負に言ったという
ルメール騎手の好騎乗が光りました。

3着は グレープブランデー が入りました。

一番の好走要因は流れが締まらなかった事

全盛時の勢いはありませんが
今でもある程度の走りが出来ており
このレベルの重賞なら上位に顔を出せる存在です。

4着 タガノトネール は残念な内容でした。

今回のような緩い流れなら、もっと粘らなくてはいけなかったのですが
根本的にはもう少しゆったりと溜めていける
マイル戦の方がこの馬には合うのでしょう。

1400m戦は少し忙しいですね。

5着 アンズチャン は展開に恵まれませんでした。

追い込み馬なので展開に左右されるリスクは常にありますが
今回は向かなかったという事ですね。

この馬自身の走りはしていますので
今後評価を落とす必要はないでしょう。

今回モーニンが勝って、フェブラリーステークスの
優先出走権を手に入れました。

次は東京の1600mという舞台で、200m距離が延びます。

200m延びるだけ、と考える人が多いですが
この200mはそんなに単純には割り切れる物ではありません。

流れが締まりやすく、差し馬が台頭する1400m
道中溜めが利きやすく、前後ろ平等に戦える1600m

簡単にいうとこのような違いがあります。

なので、いくら根岸ステークスで強いレースをしても
溜めて走れるタイプでないと本番には繋がりにくくなります。

今年(2016年)の根岸ステークスは
緩い流れから前にいた馬が好走するという結果だったので
本番にリンクしやすい結果だったと言えます。

モーニンはともかく、グレープブランデーにも注意は必要ですね。

今回は根岸ステークスの回顧をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。