ダノンプラチナとダッシングブレイズ、両者の適性コースとタイプの違いは?

Pocket

今週の重賞は2016東京新聞杯

安田記念と同じ舞台で行われるレースですが
賞金別定戦の為、実績の高い馬は出走しません。

そのため手薄なメンバー構成になりやすいのですが
今年はGIに通用しそうな馬が2頭出走します。

1頭目は ダノンプラチナ

昨年の富士ステークスは長期休み明けでありながら
サトノアラジンを力で負かす強い内容でした。

春は中山で2戦しており、良い成績を残せませんでした。
この原因は距離と言うよりも、広いコースで瞬発力を存分に活かせる
コースでなかったという事が一番に挙げられます。

今回も前回同様、瞬発力を活かせる舞台
状態面云々の議論はありますが
この馬が最も力を発揮出来る舞台である事は間違いありません。

もう1頭は ダッシングブレイズ

高須クリニックの馬名騒動でも名の知れた馬ですが
昨年秋は圧巻のレースの連続

重賞は楽に手が届くレベルのパフォーマンスを見せてきました。

この馬は瞬発力ではなく、パワーを活かした推進力で進んでいくタイプ
力の要る馬場の方がより良いパフォーマンスを発揮出来る馬で
東京マイル戦はベストとは言えないまでも十分にこなすことが出来ます。

両者ともGIを期待したくなる馬で
能力としては甲乙をつけがたい形ですが
タイプとしては同じではありません。

今回のレースでは馬場状態、展開を見極めた上で
両者の甲乙をつけていくといいでしょう。

現段階ではどちらが上かの判断は早計ですね。

今回は東京新聞杯の話をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。