アスカノロマンはフェブラリーステークスで勝つことが出来るのか?

Pocket

先週行われた東海ステークスは
アスカノロマン が逃げるモンドクラッセを差しきって勝利

フェブラリーステークスの有力馬に名乗りをあげました。

この馬の良さはスピードと先行力です。
逆に弱点はパワーと瞬発力の無さです。

2つの良さを活かせるコースならば好走が可能なタイプで
東京のマイル戦も十分にこなせます。

今回は勝利しましたがフェブラリーステークスでは
伏兵という形での出走となるでしょう。
(超一線級は川崎記念及び直行なので)

しかし、スピードを活かせる東京マイル戦替わりはプラスなので
この馬が勝てる可能性は十分にあります。

レベル差の議論はありますが、この馬をなめていると痛い目にあうので
今回の勝利は軽視しない方がいいですね。

2着は モンドクラッセ が逃げ粘りました。

この馬は前走ハイペースの非常に厳しい競馬を強いられました。

しかし、今回は少頭数で同型馬が少ないという絶好のメンツでの競馬でした。
能力面から今回の好走は当然の結果だと言えます。

今後もこれくらいは走れますね。

3着は人気の ロワジャルダン

展開的には不向きでしたが、好位につけた点
3着に追い込んできた点など地力強化を証明しました。

今回は逃げ有利がわかっていたようなレースでしたが
今後も展開が向けば重賞は勝てる馬ですね。

休み明けの インカンテーション はいいところなく惨敗

長期休み明け+骨折明けでメイチでの仕上げはないと踏んでいましたが
思った以上に心身が仕上がっていませんでした。

次走GIで一変するということは考えづらく
フェブラリーステークスでの活躍は見込めないでしょう。
叩き3戦目以降ですね。

実績馬 ローマンレジェンド も6着と惨敗

前に行けなかったことが全てだと言えます。
ロワジャルダンがとった位置でレース出来ると
結果も変わってきたのかもしれませんが
年齢も重ねて安定して走ることが出来なくなっているので
こういった敗戦は仕方のないところでしょう。

今回の東海ステークスは新興勢力が1~3着を独占

世代交代の緩いダート世代ですが
徐々に入れ替わりが進んでいると感じられるレースでした。