なぜサトノラーゼンは中山芝2200mでは全く走らないのか

Pocket

先日行われたAJCCは ディサイファ が勝利

先行策から危なげなく直線抜け出して勝利し、力をアピールしました。
今回の2200mという舞台はディサイファの適性からすると
1ハロン長いのは間違いありません。

では、なぜその条件で勝てたのかというと理由は2つあります。

1つ目は、相手関係が楽だったという点

昨年も4着していますが、ゴールドシップをはじめとして
ミトラ、フェイムゲーム、エアソミュールなど
骨っぽいメンバーが揃っていましたが、今年は小粒
昨年よりパワーアップしている点から地力で押し切った

という事ですね。

2つ目は、中山のパワーコースに適性があるという点

ディサイファはディープインパクト産駒にしては珍しいパワータイプ

東京でも走りますが、中山の方が適性があります。
その分、距離の不利を跳ね返したといえるでしょう。

対照的だったのは10着の サトノラーゼン

クラシックの成績から人気になりましたが
この馬の本質はスピードタイプのディープ産駒

最もパワーが必要とされる中山芝2200mに出てくること自体
陣営がこの馬の個性を分かっていないという事ですね。

今後は京都・東京を中心にレースを使っていくといいでしょう。

2着 スーパームーン は能力分を走ったという印象

ブライアンズタイム産駒らしく中山が合い
こういった特殊条件の重賞なら足りる存在。

東京の根幹距離などのレースは逆に適性が薄れるため
一枚割り引きが必要となります。

3着は ショウナンバッハ

ステイゴールド産駒ですが、瞬発力のある馬で
今回の舞台は半信半疑でしたが、きっちりと伸びてきました。

これはこの馬の充実度を表す物で
東京に変わったときは更に期待が出来るでしょう。

4着は マイネルフロスト 

前走は楽な展開だったので、苦戦が予想されましたが
今回も頑張りました。

精神的にかなりタフなタイプですね。
今後も安定した走りが期待出来そうです。

5着の ヤマニンボワラクテ は今回はクラスの壁にあたりました。

別定のG2で昇級戦の馬の回収率が悪いレースなので
今回の敗戦は仕方のないところでしょう。

秋のオールカマーあたりでは怖い存在になりそうですね。

11着 ライズトゥフェイム はタフさに欠けました。

ある程度落ち着いたペースからの差しが得意なタイプで
締まった流れになってしまうと厳しそうですね。