ビッグアーサーは距離短縮と京都替わりを対応できるのか?

Pocket

今週のメインレースは「2016シルクロードステークス」

高松宮記念に向けたステップレースで
GI級のメンバーが集まりました。

今年の短距離界を担うであろう主役は ビッグアーサー

前走は初体験の1400mに加えて偏りの強い阪神コースと
敗戦も致し方ない理由がありました。

今回は京都の1200mと得意なコース

オパールステークスで大楽勝した京都1200mの舞台は
メイチの適性がある事の証明で、距離短縮もプラスとなるでしょう。

鞍上も遂に藤岡騎手からデムーロ騎手へ乗り替わりました。
下手な騎乗の連続だったので、この乗り替わりは仕方ありませんが
馬にとってはかなりのプラス要素

ここは死角らしい死角が見当たりません。

まだ底を見せていない ダンスディレクター

差し一辺倒で展開的な助けは必要なタイプで
本来は1400mがベストの馬。

ただ末脚の破壊力は抜群で、少しでも後ろに重心が傾けば
全ての馬を差し切る事も可能でしょう。

前走で重賞制覇を果たした サトノルパン

1200mは2戦して2勝
1600m以上だと甘さが出てくるように
ここはベストの条件です。

気性の激しいタイプなので1200mが合うのでしょう。

あとは相手関係、ポテンシャルを完全に証明した訳ではないので
ここは試金石となるでしょう。

相性のいい淀短距離ステークス経由の組からは

逃げ勝った ローレルベローチェ

前走は少頭数で競り掛ける馬がいない状態でのレース
今回はアクティブミノル、ネロあたりとの兼ね合いで
この馬の負担が決まってくるでしょう。

楽に逃げられるようなら、出し抜けを食らわせられる事も可能です。

2着に敗れた アースソニック

こちらは楽逃げの展開からしぶとく伸びて
2着を確保したように価値の高い走りでした。

地味な存在でなかなか人気になりませんが
人気の盲点となりそうで買える存在です。

今回はかなりレベルの高いレースになりそうです。

あとはハンデがどのような形になるのか
枠順がどのように定まるかで狙いが決まりますね。

今回はシルクロードステークスの出走メンバー評価をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。