サトノラーゼン、中山2200mは全く向かないが、今回は勝てるか?

Pocket

今週のメインレースはG2「AJCC」

昨年はゴールドシップの出走で話題になりましたが
今回のメンバーを見てみると、かなり低レベルなメンバー構成

そんな中でも実績と期待度で頭一つ抜けているのが サトノラーゼン です。

昨年秋はセントライト記念7着、菊花賞5着と馬券に絡むことが出来ませんでした。
この馬はスピードタイプの馬でパワーが必要な中山芝2200mは本来得意ではありません。

昨年レベルのメンツが集まっていれば普通に消しでいいのですが
今回はかなりメンバーが手薄。

加えて、この馬の武器である機動力は前残りの多い
このコースの特徴とマッチしており
一概に消しとはいかないでしょう。

この馬の見解については予想でお送りしますが
非常に難しい扱いである事は間違いありませんね。

次にパワー型のディープ産駒 ディサイファ

こちらは距離こそベストではないものの
中山コースは得意で舞台替わりは問題ありません。

昨年秋の充実度からここはオーソドックスに有力であると判断して良いでしょう。

久々に出走する実績馬 ショウナンマイティ

久々という点が割引が必要という点は言うまでもありませんが
そもそもこの馬は長く良い脚を使ってくるタイプのスタミナ型で
パワーが必要な中山芝2200mはプラスではありません。

能力的には最右翼の存在ですが、ここは叩き台という見立てが無難でしょう。

中山金杯2着の マイネルフロスト

前走は奇策ともいえる大逃げでしっかりと連を確保しました。
昨年4着しているように機動力のあるタイプで中山コースは得意なタイプ

距離はギリギリで前走よりは条件が悪くなる上に
前走奇策をうったという点が今回プラスになる事は考えづらいので
パフォーマンスを落とす可能性は高い馬です。

あとは人気次第ですね。

中山金杯で上がり最速だった ライズトゥフェイム

前走は力負けというよりも展開負けと言えます。

能力の絶対値はまだ図りきれておらず、まだ伏兵の域を得ませんが
サドラーズウェルズの血にゼンノロブロイと距離延長は期待出来そうで
展開さえ向けばチャンスはありそうです。

あとは鞍上の腕次第ですね。

上の馬以外にも、

同条件を勝ってきた ヤマニンボワラクテ
パワーに不安はありの ステラウインド
逃げがハマれば怖い スズカデヴィアス

などが出走を予定しております。

サトノラーゼン、ここでしっかりと勝てるでしょうか。

今回はAJCCの出走メンバー評価をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック