小回り、先行有利の舞台ならヤマカツエース|レース回顧

Pocket

先日行われた中山金杯は ヤマカツエース が勝利

好位から競馬を進めいていたこの馬にとって
マイネルフロストが見せたスローで引き離す逃げは絶好の展開でした。

内容としては前が有利な展開になった事を味方につけての勝利だったので
力の違いを見せたという形ではありませんが、今回で重賞3勝目

G3レベルなら勝ち負け出来るレベルにある事は間違いありません。
また、前走の福島記念同様、自在に動けるあたり
小回りコースなら高いパフォーマンスを発揮できるでしょう。

チャンピオンコースに入ったときのレースが課題になりますね。

2着は逃げた マイネルフロスト

この馬は追いだしてからの反応が悪いタイプなので
今回のように逃げて惰性で押し切るという形はベスト

松岡騎手は最高の騎乗を見せました。
ただ、今回大逃げした事で、次走は非常に難しいレースになるでしょう。

3着は1番人気の フルーキー

今回は下げたのか下がったのかはわかりませんが
位置取りが後ろ過ぎたという点が敗因です。

前走からの距離延長で、スローだったので
本来ならもっといけたはずですが
ペース読みが間違ってしまったという形になりました。

4着は ライズトゥフェイム

今回は大外枠だったので、腹を決めて最後方からの競馬になりました。
ペースに恵まれませんでしたが、パフォーマンスは上々で
重賞でも力が通用するという事は証明できました。

鞍上共々、中山での重賞なら今後も楽しみですね。

2番人気 ブライトエンブレム は6着

今回の舞台はこの馬には合いませんでした。

パワーに特化した馬なので
もう少し馬場が荒れて、上がりがかかるような
競馬にならないと台頭出来ないですね。

最後に ベルーフ の回避は非常に残念でした。

ただ、今回のレースで出走していたとしても
いい結果は残せなかったでしょう。

この馬もブライトエンブレム同様、
大味な競馬が持ち味なので
もう少し底力勝負になるような舞台を選ぶといいでしょう。