2015有馬記念予想!ラブリーデイの信頼度と適性に迫る!

Pocket

今週のメインレースはグランプリ有馬記念

2015年のラストを飾る大一番です。

ショウナンパンドラの回避は残念ですが
ジャパンカップを避けて、ここに標準を定めた馬が多数おり
グランプリに相応しい一戦となりました。

ゴールドシップの引退戦ということでも話題を集めていますが

一番人気は ラブリーデイ でしょう。

今年はGI2勝を含む重賞6勝、一番の充実度を誇る馬。

中山、阪神、京都、東京とどの競馬場でも勝ち星を挙げている反面
いまいち適性が掴みづらいという点も事実で
今回も距離が長いという事が不安材料になっています。

果たして本当に距離不安なのか?

このことを考える上でラブリーデイが惨敗した2戦を考えてみます。

6着に敗れた阪神大賞典、8着に敗れた天皇賞春共に
ゴールドシップが捲りをかけてスタミナが極度に必要となったレースでした。

双方のレースともに逃げた馬、2番手の馬が
シンガリに近い負け方をしている事からも
先行に厳しい競馬になった事は間違いありません。

一見この現実を見るとラブリーデイはスタミナには不安があると断言したくなりますが
2500mをこなせないかというとそうではありません。

なぜかというと惨敗した2戦は長く脚を使い続けるスタミナを求められたからです。

距離自体に不安がある訳ではなくて、
長く脚を使い続けるスタミナに不安がある。

それがラブリーデイです。

今回の有馬記念ではどうなるかというと

「ゴールドシップの出方次第」

と言えます。

ゴールドシップが天皇賞春のような捲りをかけてくれば
ラブリーデイは馬群に沈むでしょう。

しかし、ゴールドシップが捲りをかけられなければ
普通に距離をこなしてくるでしょう。

つまり、今回の有馬記念は ”両雄並び立たず” というレースになるはずです。

私が出した結論、そして馬券の買い目については
無料メールマガジンで公開しています。

予想は日曜日の10時頃に配信する予定ですので
以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

回収率はもちろん100%を超えていますし
毎週、勝つ為の予想に徹底した予想を展開しています。