武豊騎手は朝日杯FSには縁がないので今後全GI制覇は難しい

Pocket

先日行われた朝日杯フューチュリティステークスは

1戦1勝の リオンディーズ が勝利

新馬戦の内容は良かったですが、キャリアの浅さ、
2000mからの距離短縮と不安要素が多々ありました。

その中で最後方に構えてエアスピネルを負かしたのは圧巻の一言。

完全に能力でねじ伏せた形で、この勝利で一気に
来年のクラシックの主役となりました。

距離は伸びた方がいいので当然期待出来ますが、
ここ2戦の競馬をみていると器用さに欠ける部分がありそうなので
皐月賞よりも日本ダービーの方が期待出来ます。

断然人気の エアスピネル は2着

自分の走りをしていますし、能力的にも上位なのは間違いありませんが、
勝ち馬に出し抜けをくらいました。

今回は運がなかったですね。

武豊騎手も全GI制覇がかかっていましたが、こちらも運がなかったですね。

武騎手はこの馬で勝てないとなると、もう朝日杯には縁がないのかもしれません。
何事も巡りあわせがありますからね。

3着以降は混戦で、展開のアヤといったところなので、人気馬に触れてみましょう。

3番人気の シュウジ は5着

今回は京都から阪神に変わった分で多少パフォーマンスが落ちました。

基本的には1400m以下のレースがあっていて、
直線も平坦の方がいいタイプなので、選ぶレースが難しいですね。

NHKマイルは脚質・適性的に難しいでしょう。

4番人気 ボールライトニング は11着

この馬は能力を見せられていなかったので、妥当な結果でしょう。
今回は過剰な人気でしたね。

5番人気 イモータル 9着

道中かかりっぱなしで、直線は雪崩れ込むだけで精一杯。

騎手の乗り替わりが大きかったですね、能力はあるので
レベルの高い騎手が乗れば変わってくるでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。