メジャーエンブレムはオークスの距離をこなせるのか?レース回顧

Pocket

先日行われたGI阪神ジュベナイルフィリーズは
1番人気の メジャーエンブレム が先行抜け出しで完勝

抜群の好スタートから1,2頭前に馬を行かせて
直線では既に先頭に立つという横綱相撲
勝因はひとえに能力が一枚上だったという事が言えます。

そうなると話題は来年のクラシックに飛びます。

桜花賞は同じ舞台なので、間違いなく適性はありますが
オークス、秋華賞は距離が伸びるのでその点をこなせるのかどうか?

現状の見解だと距離が伸びても問題がないと判断できます。

折り合い面の進展は必要となりますが
この馬がここまで見せている、母父オペラハウスという血統から
本質的に2000m以上のレースでも戦える馬です。

来年が楽しみな馬です。

2着には ウインファビュラス が入りました。

この馬は新潟2歳ステークスでも好走したように
持ち味は「スタミナ」と「粘り」

今回前がそのまま残った展開の助けもありましたが
距離が伸びて更に持ち味を発揮しそうなタイプで
地味ながらも牝馬限定重賞では活躍が期待できます。

3着には ブランボヌール が入りました。

今回は馬券圏内に入りましたが、距離はギリギリでしょう。
函館2歳ステークスで圧勝したように本質的にはスプリンター

1400m以下のレースで期待したいですね。

5着は アットザシーサイド 

今回は相手なりの走りをしましたが
この内容だと今後GI戦線で戦うには厳しいものがあります。

今回は阪神替わり+距離延長で走りづらかったのは事実なので
次走のパフォーマンスに注目です。

また鞍上ももっと実績のある騎手の方がいいですね。

2番人気 デンコウアンジュ は7着

今回は前回とは違い先行策を取りましたが
この作戦自体は間違っていません。

ただ、メイショウサムソン産駒の典型的な馬で
高い東京への適性から、得意ではない阪神へ替わったことが
この馬のパフォーマンスを落としたと言えます。

今回は妥当な結果でしたね。

来年はフローラステークス、オークスあたりで
活躍を期待したい馬です。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。