フルーキーは大外へ回すよりも馬群を縫った方が持ち味が発揮できる馬

Pocket

先日行われたチャレンジカップは
昨年2着だった フルーキー が内から抜けだし完勝

念願であった重賞制覇を成し遂げました。

この馬は、集中力を高めた方が好走出来るという特徴があります。

富士ステークスやエプソムカップのように
直線単走のような形で走るよりも
両脇に馬に囲まれるような馬群に入る競馬の方が力を発揮できます。

今後のレースに出走する際は枠順
そしてどの位置でどういった競馬をするかという点も
含めて考えていくと、馬券に有効活用が出来ます。

2着には ヒストリカル が入りました。

瞬発力のあるタイプでこういった舞台では強さを発揮する馬なので
今回の結果は妥当だと言えます。

今後も瞬発力が活かせる舞台での馬券購入をしたい馬で
逆に東京マイル戦などは苦戦するでしょう。

3着には人気薄の シベリアンスパーブ が入りました。

前走で見せたパフォーマンスはかなり高いものだったので
今回は人気の盲点になった馬です。

パワーのあるタイプで、阪神や中山の方が走る馬。
今回の走りをみる限りだと重賞を勝つだけの地力もありますね。

4着は引退戦となった ワールドエース 

超一級品の素質を持った馬でしたが、不本意な成績で引退する事になり残念ですね。

GIの1つや2つ獲れるだけの馬でポテンシャルはあったので
種牡馬としての活躍をしたいですね。

5着 タガノエトワール は舞台が合いませんでした。

これが京都マイル戦などならもっといい戦いが出来たでしょう。
スピードが勝ったタイプなので、坂がないコースの方がいいですね。

マイネルミラノ は8着と惨敗

この馬自体は力のある馬ですが
今回は先行勢が全て崩れる差し有利の展開

流れが向かなかったとハッキリした敗因があるので
見限る必要はまったくありません。

前が残りそうな時には買いたい馬です。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。