2015カペラステークス予想|距離短縮と差し馬から穴狙いのレース

Pocket

今日の中山メインレースはG3カペラステークス

GIの裏となりますが、GIが2歳戦なので
こちらで勝負という方も多いと思います。

このカペラステークスですがダート戦の中でも
差し・追い込み馬が活躍するという異色のレース

そして活躍している馬を見てみると
距離短縮で臨んだ馬が活躍するレース

この2つの要素を中心として、かなりトリッキーなレースとなっているので
馬券は例年荒れています。

過去7年中5回が3連複で万馬券

昨年は3連単で165万馬券と大荒れ

これらの情報からも実力よりも適性で勝負するべきでしょう。

1番人気は エイシンヴィラー

4歳馬でこれから伸び盛り
前走は重馬場の休み明けを快勝しての1戦となりますが
まず第一に休み明け重馬場を勝った反動が気になります。

そして、新人の石川騎手の騎乗。
石川騎手はかなりの好成績を残していますが
重賞で一番人気となるとかなり不安が残ります。

また適性という点では、基本的に先行で結果を残しており、前走は1200m戦

かなりの不安要素を持っており、ここは切りでいいでしょう。

2番人気は サウンドガガ

オープンで好成績を残しており、重賞に手が届く存在ですが
こちらも適性という点で先行で、前走1200m戦

近走安定しているので、バッサリとはいきませんが
積極的に買いたい馬ではありません。

という事で、1,2番人気を見ていると
今年も荒れる前提で予想を展開していく事がベターです。

本命馬はどの馬にしたのか?
それ以降の馬をどのように扱ったのか?

この点については無料メールマガジンで公開しています。

予想は日曜日の10時頃に配信する予定ですので
以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

回収率はもちろん100%を超えていますし
毎週、勝つ為の予想に徹底した予想を展開しています。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。