2015チャレンジカップ予想|前崩れと軽ハンデ傾向を読む

Pocket

土曜日の阪神メインレースはチャレンジカップ

以前は朝日チャレンジカップという名称でしたが
何らかの都合で朝日の冠が取れました。

3年前から12月に開催されているレースですが
12月開催となってからはレース傾向は偏っています。

その傾向とは「前崩れ」と「軽ハンデ」

過去3年とも55kg以下の馬が馬券圏内を独占

そしてほとんどが差し馬という極端なレース傾向となっています。

これだけ偏るという事は12月の阪神の馬場は荒れやすく、
内は1週使っただけですぐに荒れてしまい力が必要という事でしょう。

今回人気上位の馬を見てみると差し馬が勢揃い

通常差し馬に人気が偏ると前のプレッシャーが軽くなり
逆に前残りの目が出てくるのですが、今回はどうでしょうか。

そして、人気となるフルーキー、ワールドエース、ヒストリカルは
どの馬も斤量57kg以上を背負っての出走

斤量が軽い馬が台頭する中で重い斤量を背負った人気馬が
どのような走りを見せてくれるのか

この2点が馬券の焦点となります。

ちなみに上で挙げた人気3頭の序列については

ヒストリカル > フルーキー > ワールドエース

という序列をつけます。

中でもワールドエースはなかなか使えなかったとはいえもう6歳

3歳の頃に見せたパフォーマンスは影を潜め
過去の能力の貯金だけで走っている印象に加えて
ここ1年で2度の海外遠征。

前走で力を出したうえで中2週での競馬
疲労が心配なので、私は馬券を買いません。

残りの2頭をどういう扱いとしたのか
本命馬、対抗馬、以下をどのように印をつけたのかは
無料メールマガジンで公開しています。

予想は土曜日の10時頃に配信する予定ですので
以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

回収率はもちろん100%を超えていますし
毎週、勝つ為の予想に徹底した予想を展開しています。