ミトラは第2のバランスオブゲーム?2015金鯱賞回顧

Pocket

先日行われた金鯱賞は ミトラ が先行抜け出しで完勝

AJCC、オールカマー、福島記念などで好走を続けてきた馬が
ついに重賞勝利を勝ち取りました。

「先行力のあるパワーよりのバランス型」

これがミトラのタイプですが、
スピード能力が高い訳ではないので
中山芝2200mなどスピード勝負にならない舞台が合います。

いわゆる“非根幹距離”ですね。

過去の馬で言うとバランスオブゲームに似ています。

今年の走りをみると息長く活躍する事が想定されていますが
GIでは足りず、G2、G3で勝ち負けをするような馬になりそうです。

次走は有馬記念に出走するかもしれませんが
さすがに即通用とはなりません。
(中山芝2500mは舞台適性はありますが)

馬のキャラを掴んでおくと
人気を上げて負け、人気を下げて好走
を狙う事が出来るので、今後も馬券になる馬として重宝するでしょう。

2着には ディサイファ が入りました。

勝負所での反応が鈍く、一瞬伸びあぐねましたが
最後は地力で2着を勝ち取った形。

大一番である天皇賞・秋を使っての今回の好走は実力の証明で
最内枠も結果的には味方しました。

ディープ産駒の中でもスピードに寄ったタイプではないので
来年も活躍してくれるでしょう。

3着は サトノノブレス が入りました。

レース内容としては自分の競馬をしていましたが
走りの質が昨年と比較して落ちています。

徐々に鮮度が失われて、力を落としているのでしょう。
今後の馬券としては疲労・舞台などタイミングが必要となります。

4着には マイネルフロスト が入りました。

機動力とスタミナがあり、悪い馬ではないのですが
スピードが一歩足りない為、なかなか馬券圏内に入り切れません。

今後のこのようなもどかしい結果が続くでしょう。
上がりがかかるような舞台がいいですね。

5着は クラレント

今回は若干距離が長い舞台でしたが、自分の力は出してくれました。
重賞6勝が示すとおり、地力の高い馬。
今後もG2・G3なら無視は出来ません。

1番人気に推された レーヴミストラル は8着

半年ぶりの休み明けで激走、そして一気の距離短縮と
今回はこの馬には向かない競馬になってしまいました。

アルゼンチン共和国杯の結果が示すとおり地力はある馬なので
来年に期待しましょう。