サンビスタが激走!2016フェブラリーステークスも通用する?レース回顧

Pocket

先日行われたGIチャンピオンズカップは
伏兵 サンビスタ が直線で抜け出して完勝。

道中は中団やや後ろから内をピッタリとつけて
直線だけ外に出すという理想的なレースでした。

また、前崩れの末脚勝負となったことも
牝馬であるこの馬には味方しました。

上手くいくときはこんなものですね。

2016年のフェブラリーステークスにも俄然注目が集まりますが
今回の舞台よりも差しが利く舞台なので
もう一発があってもおかしくありません。

ただ、パワーの面では一枚劣る存在なので
パワーが必要となるレースになると凡走することは覚えておきたいですね。

2着 ノンコノユメ は展開に恵まれました。

ダート戦で最内を突いて伸びるという事は
普段ではあまり見られませんが、今回はハマりましたね。

もちろんこの馬の地力の高さは間違いのないもので
最も得意な東京マイルで行われるフェブラリーステークスは
チャンスの高い舞台です。

3着 サウンドトゥルー も力を証明しました。

中央場所での実績が乏しかったので、軽視していましたが
展開が向いたとはいえ最速の上がりは力の証明です。

こちらも今が充実期で来年のフェブラリーステークスは期待が出来ます。

1番人気の コパノリッキー は7着

1,2コーナーで競りかけられた点を敗因として挙げていましたが
こういった展開で負けるのが逃げ馬の宿命です。

この馬のキャラクター的には仕方のない事でしょう。
コパノリッキーに限らず逃げたあとのレースは期待値が低い。

この鉄則を覚えておきたいですね。

2番人気の ホッコータルマエ は5着

直線で抜け出しましたが、今回は展開に敗れました。
第一線で活躍し続けてもう4年近く。

事実上の少頭数となっている地方のダート戦なら
まだ勝ち負け出来ますが、スピードが同時に必要となる
中央のダートGIではこれ以上の活躍は見込めないでしょう。

今回はかなり特殊なレースになったので、結果も偏りました。

「今回の結果=馬の実力」

と言えない側面がある事を覚えておきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。