ムーア騎手だけ買っていれば儲かる?2015ジャパンカップ回顧

Pocket

先日行われたジャパンカップは4番人気 ショウナンパンドラ が勝利

オールカマー、天皇賞で見せたパフォーマンスをそのままに
パワーアップした姿を証明しました。

3歳春はひ弱さが目立った馬ですが、秋には徐々に体質強化
秋で完成したと思いましたが、もう一段階成長しました。

2段階成長する馬は珍しいですね。
この実力をキープできれば来年も牡馬と互角に戦えるでしょう。

2着には ラストインパクト が入りました。

この日の東京競馬場がとにかく内が良く伸びました。
ジャングルクルーズが4着に入るほど、内と外に大きな差があった馬場を
ムーア騎手がしっかりと把握して最高のレースをしました。

ラストインパクトの持っている実力以上のものが出たことは間違いありません。
今回は枠と騎手に恵まれました。

ちなみにこの日はムーア騎手+外国人騎手だけ買っていれば
馬券は勝てるというような偏りがありました。

外国人騎手は少しでも勝ちに近づけるように
前につける、インをつくという事が
徹底して身に付いています。

開幕週や今回のような内が圧倒的に有利な馬場では
この要素は見逃せませんね。

1番人気の ラブリーデイ は3着

今回は距離延長となったこと、瞬発力勝負になったこと
などのマイナス条件が増えたことから3着と負けましたが
この馬の走りはしていますし、実力は出せました。

有馬記念ではさらなる距離延長となりますが
直線が短くなる点ではプラス。

かなり難しい存在になりそうです。

2番人気 ゴールドシップ は10着と惨敗

あの内容のレースをしてしまっては好走のしようがないですね。
この馬の適性を考えると向こう正面から仕掛けるくらいのことをしないと
東京では勝ち目がありません。

有馬記念でと思っている人は多いと思いますが
既に3年連続で馬券に絡んでいる馬

前3年と比較して上がり目はないでしょう。

3番人気 ミッキークイーン も8着と期待に添えませんでした。

展開的には上位に来られるような展開でしたが
伸びきれなかったのは秋華賞であまりにも速い時計を出してしまった反動でしょう。

今年はここで休養だと思いますが、有馬記念に出ても好走の目はありません。
加えて牡馬には通用しないと決めつけるのも早計です。

5着に入った サウンズオブアース 

途中まで良い感じで伸びてきましたが、最後は脚が止まってしまいました。

このあたりはネオユニヴァース産駒特有の瞬発力の無さです。
実力はある馬ですが、瞬発力が必要な舞台では割引が必要な馬です。

有馬記念などは非常に怖い存在ですね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。