ラブリーデイ、ミッキークイーンに死角はあるか?ジャパンカップ予想

Pocket

今週のメインレースはGIジャパンカップ

2015年の東京競馬を締めくくる大一番です。

今年の1,2番人気はラブリーデイとミッキークイーン

ゴールドシップの出走はあるものの
ジェンティルドンナ、ジャスタウェイ、ハープスターが
出走した昨年と比較するとインパクト不足は否めません。

ここではジャパンカップの予想をお届けしますが
まずはラブリーデイとミッキークイーンが本当に信用できないのかを
確認していきたいと思います。

まずは1番人気が濃厚な ラブリーデイ

前走の天皇賞・秋でもスローペースをきっちりと折り合い
直線で危なげなく抜け出した盤石の内容で
今回も1枠という好枠をGET。

ロスなく競馬を展開する事は可能でしょう。

スケールという点では過去の名馬に劣るものの
欠点らしい欠点は見当たりません。

それでも死角を探すとしたら瞬発力がないタイプだという点

例年ジャパンカップは馬場の影響もあり
差し馬が活躍するレースが多い事が特徴。

直線でのヨーイドンという競馬になってしまうと
瞬発力不足を露呈して、切れ負けすることはあるでしょう。

もう1頭の有力馬 ミッキークイーン

こちらも差し馬ながらある程度のポジションが取れる自在性があります。

そして、なんといっても斤量53kgは大きなアドバンテージで
差し脚比べとなれば、負ける事は考えづらいです。

死角を探すとすれば、古馬の牡馬と初対戦だという点

ジェンティルドンナ級でなくても3歳牝馬なら通用しやすい舞台ですが
世代を超えて、性別を超えて、実力以外の面で不安を露呈する可能性は十分にあります。

という事で、この2頭は減点材料が少ないものの欠点がない訳ではありません。

この情報を活かしてどのように印をつけていくのか
どのように馬券を買うのか

この点については無料メールマガジンで公開しています。

予想は日曜日の10時頃に配信する予定ですので
以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

回収率はもちろん100%を超えていますし
毎週、勝つ為の予想に徹底した予想を展開しています。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。