モーリス時代の到来!2015年最優秀短距離馬が確定!

Pocket

先日行われたマイルチャンピオンシップは
4番人気の モーリス が中団からしっかりと脚を伸ばして完勝

順調さを欠いての長期の休み明け、適性の薄い京都のレースという
二重苦を覆しての完勝となりました。

勝因はひとえに「能力の違い」という事が言えます。

フィエロ、イスラボニータ、サトノアラジンと上位を形成していましたが
このメンツでも頭一つ抜ける実力を持っていたという事です。

少なくとも来年のマイル戦線はモーリスの時代になるでしょう。

パワーがあるタイプで2000m前後までは距離も持ちそうなので
天皇賞・秋や宝塚記念でも好走が出来る存在です。

2着 フィエロ は堅実で強い馬ですがパンチ力不足です。

毎回トライアルでも負けるべくして負けているように
GI級の実力というところからすると一歩下がります。

短距離界の一線級で戦ってきて来年は3年目

そろそろ能力も下がってくる頃で来年は非常に厳しいシーズンになるでしょう。

3着 イスラボニータ は出遅れが響きました。

結果だけを見るとまともに出ていれば
勝ち負けにはなったと思いますが
久々のマイル戦、初の関西遠征と不安が表面化した形

来年は安田記念をターゲットに仕上げてほしいですね。

4着 サトノアラジン は外に出した分、馬券圏内を逃しました。

同じような位置にいたフィエロがすんなり抜け出す中
加速が遅く、もたついた分で遅れをとりました。

GIを勝つ為にはもう少し素軽さが出てこないと厳しいですね。

5着の アルビアーノ は健闘しました。

この馬が負けたのは能力と言うよりはタイプの差です。
1600mや2000mなどの根幹距離では
道中に溜めてスピードを爆発させる馬が圧倒的に有利

しかし、この馬はトップスピードを持続させて押し切るタイプなので
今回のような条件は向きませんでした。

1200m、1400mの方が力を発揮できるタイプです。

今回はペースが落ち着いた事もあり
実力馬が順当に上位を独占しました。

上位陣が強かったというよりは伏兵陣の層が薄かった
という事が原因でしょう。

馬券を買うには難しいレースでしたね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。