荒れる要素なし!年度代表馬を決める1戦|ジャパンカップ有力馬診断

Pocket

今週のメインレースはGIジャパンカップ
秋の東京最終戦の大一番です。

今年のメンバーを見渡してみるとかなり
実力差のはっきりとしたメンバーが揃いました。

主役は ラブリーデイ

今年は重賞6勝と確変モード
東京、中山、京都、阪神とどの競馬場でも勝っているように
舞台を問わず好走できる点は強み。

前走の天皇賞も好位から直線あっさり抜け出すそつのない競馬で
自在性も備えており、欠点らしい欠点は見あたりません。

強いて言えば瞬発力勝負になった時に
弱みを見せる可能性がありますが
よほど前崩れの流れにならない限りは問題ないでしょう。

もう1頭の主役は2冠馬 ミッキークイーン

前走は前崩れの展開があったものの
大外から捲り気味に押し上げて後続を完封

ラブリーデイとは対照的なタイプで後方から
瞬発力で勝負するタイプ

3歳牝馬ということで斤量面での恩恵もあり
ジャパンカップは例年瞬発力のあるタイプが台頭しやすいレース

ラブリーデイとの比較をすれば、今回はミッキークイーンが優位だと言えます。

この2頭が他を圧倒的に引き離している状態で
あとは伏兵陣という形になります。

伏兵の筆頭は ゴールドシップ

潜在能力という点ではラブリーデイ、ミッキークイーン以上のものを持っていますが
パワーに特化したタイプで、東京コースはかなりの不得意コース

天皇賞・春のようにスタミナ比べに持ち込めれば勝負は出来ますが
例年のような瞬発力勝負となってしまうと出番はないでしょう。

横山騎手がどう乗るかに尽きます。
3コーナー手前から仕掛けたら面白いですね。

充実度では ショウナンパンドラ

天皇賞でも最後豪快に伸びたようにここに来ての充実度は目を見張るものがあります。
距離延長も問題なく、今回2強に真っ向勝負で迫る隙があるのはこの馬だけでしょう。

ダービー馬 ワンアンドオンリー

この馬は現在不調期、燃え尽きてしまった感もあり
ここでの急変は見込みづらいでしょう。

京都大賞典2着の サウンズオブアース 

年齢も若く、実力も備えていますが
瞬発力勝負になると脆さを見せるタイプ

今回はメンバー的に4,5番人気になると思いますが
この人気では手を出したくない存在です。

後のメンツはかなり力差が出てくるメンツとなり
好走は難しいですが、3着争いとして浮かんでくるのは

瞬発力に欠けるラストインパクト、カレンミロティックよりは
前走上がり最速タイだったアドマイヤデウス、ヒットザターゲット
の方が妙味はあります。

外国馬の診断は出来ませんが
例年の傾向を見ると今年もノーマークでいいでしょう。

今の日本馬は相当強いですから。

ジャパンカップの予想については
無料メールマガジンで公開しています。

日曜日の10時頃に配信する予定ですので
以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

回収率はもちろん100%を超えていますし
毎週、勝つ為の予想に徹底した予想を展開しているので
競馬に勝ちたい人は勉強になりますよ。