2015マイルチャンピオンシップ予想|アルビアーノは超危険!

Pocket

今週のメインレースはマイルチャンピオンシップ

スピード王を決める1戦です。

春にマイル王となった モーリス

今回マイル戦線初参戦となる イスラボニータ

素質馬 サトノアラジン

アルビアーノ、クラリティスカイ、レッツゴードンキ などの3歳馬

と、昨年のマイル戦線と比較してフレッシュな有力馬が揃いました。

加えて、昨年の1,2着ダノンシャークとフィエロも参戦

現段階で考え得る最高のメンバーでのマイル王者決定戦となりそうです。

このマイルチャンピオンシップを予想する際に気になるデータが1つ

3歳馬の成績が良くないという事。

昨年もミッキーアイルが人気を裏切りました。
斤量差が少ないからなのか、たまたま出走しているメンツが悪いのか
正直なところ今のデータでは判断は難しいと言えます。

そんな中で今回3歳の筆頭格となる アルビアーノ

この馬は非常に危険だと判断しています。

危険だと判断する第1の理由は瞬発力がないという事。

外国血統で本質的にパワータイプ
スピードはありますが、スピードを最後まで持続させて
パワーで押し切るというタイプの馬が京都芝1600mには向きません。

同じ京都のスワンステークスを走っているじゃないか
と思うかもしれませんが、基本1400m以下のレースと
1600m以上のレースでは問われる能力が変わります。

1400m以下のレースはパワーが必要になってくるので
外国産馬でも通用しやすいという傾向があります。

第2の理由は、厩舎・騎手にGI実績がないという事

予想をする際に池江厩舎、藤原厩舎、藤沢厩舎、堀厩舎など
リーディング上位の厩舎の馬が出走した際にプラス要因としてつける人は結構いますが
リーディング下位の厩舎の馬が出走した際に
マイナス要因をつける人はあまりいません。

ですが、厩舎も騎手と同様、実力次第で成績が変わってきます。

アルビアーノは関東の木村厩舎ですが、この厩舎はまだ
この馬でしか重賞で連対を果たせていません。

柴山騎手と同様にこれから伸びてきそうな感じはありますが
現段階では実績不足は大きな不安要素として残ります。

これらの理由からアルビアーノは買いません。

残りの馬から本命・相手を選んでいきたいと思います。

どの馬を本命にして、どんな馬券の買い方をしていくのかという点については
無料メールマガジンで公開しています。

予想は日曜日の10時頃に配信する予定ですので
以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

回収率はもちろん100%を超えていますし
毎週、勝つ為の予想に徹底した予想を展開しています。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。