1番人気で勝ったゴールドアクターはGIでも戦える!レース回顧

Pocket

先日行われたアルゼンチン共和国杯は
スクリーンヒーロー産駒の ゴールドアクター が最後ひと伸びして勝利

レースの内容としてはメイショウカドマツの勝ちパターンだっただけに
評価の出来る勝利となりました。

今回、初めて1番人気で重賞に出走して勝ちきる。
これが出来る馬は強いです。

関東の弱小厩舎ですが、この馬はGIでも戦えるだけも器であると判断できます。
今後が楽しみですね。

2着には メイショウカドマツ が入りました。

長距離では安定した走りを見せられる存在であることに加えて
今回は展開に恵まれた事も見逃せません。

実力的にはもう一皮むけないと重賞を勝つのは難しいでしょう。

3着には レーヴミストラル が差してきました。

日本ダービー以来の休み明け
前が残る展開、忍耐力が必要な重馬場

これらを覆しての3着は非常に価値があります。

次走は2走ボケや激走の反動を気にする必要がありますが
この馬は来年以降期待できます。

他の人気馬についても評価をしていきましょう。

2番人気 プロモントーリオ は7着

前走久々からの反動が出たのか
重馬場が苦手だったのかはまだ判断できませんが
長期休み明けの叩き2戦目で過剰人気だったと言えます。

この馬はまだ能力を証明できていないので
今後も見守る必要がありますね。

5番人気 レコンダイト は10着

ポジションが後ろだった点に加えて
直線は馬が伸びない内に閉じこめられて
苦しい競馬を強いられてしまいました。

能力はある馬なので、今後の長距離戦では巻き返しは考えておきたいですね。

今回はレベルが低いと思われましたが
終わってみればゴールドアクター、レーヴミストラルが好内容の競馬

ここをステップにGIでも好勝負をすることは可能です。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。