ダノンリバティ今回は得意舞台、2015みやこS出走予定有力馬評価

Pocket

今週はGIが一休みとなります。

メインレースは

東京で行われるG2アルゼンチン共和国杯、
京都で行われるG3みやこステークス

となりますが、

今回はみやこステークスに出走する有力馬について
事前評価をしていきます。

このレースで一番人気が予想されるのが
3歳馬 ダノンリバティ です。

3走前レパードステークスでダート路線に変更しましたが
そこから2,1,2着と全て連対。

パフォーマンスとしても十分内容があると判断できるもので
今回の京都ダート1800mという舞台も
非力なこの馬には合っていると判断でき
人気でもここは軽く扱えない存在だと言えます。

実績では クリノスターオー が最右翼

前走は使い詰めの反動が出た形で全く走れませんでしたが
今回は休み明けで臨む一戦でパフォーマンスアップは期待できます。

レースで見せたパフォーマンスはダノンリバティ以上で
実力さえ出せれば勝利に最も近い馬だと言えます。

上がり馬として注目されるのは モンドクラッセ

現在3連勝中で、条件が上がっても圧勝を続けています。
ポテンシャルの比較は難しい馬ですが、臨戦過程からして
おそらく人気になるでしょう。

そうなると初めての関西遠征であることと
坂のない京都ダートコースでの走りになるという点で
不安であるという事をクローズアップしたくなります。

ですが、ほぼ同じ血統であるカゼノコが
京都で実績を出している事を考えると
舞台適性はさほど心配ないと考えて良いでしょう。

その カゼノコ についても近走は凡走が続いています
前走、前々走は差しの利かない東京ダート2100mでのもの

そして、それ以前についてはフェブラリーS、チャンピオンズCのもので
今回は完全に人気を落としての出走となりそうなので妙味はあります。

福島で実績を出してきた ロワジャルダン

前走は今回の舞台と全くリンクしない東京ダート2100m
血統としては少し重さがありますが
奥深さもあり、地力勝負になれば一発があってもおかしくありません。

GI馬ローマンレジェンド は年を重ねて凄みが薄くなっています
パフォーマンスは間違いなく落ちています。

もうGIでは通用しないでしょうが、
京都でこのメンバーなら通用する可能性はあります。
積極的に買いたい馬ではありませんが、抑えには必要なレベルですね。

マイネルクロップ は休み明けでリフレッシュすれば通用します。

ソロル はパワータイプでここよりも坂のあるコースが良いでしょう。

予想は無料メールマガジンで行っているので
以下をクリックして登録して下さい。
(日曜日10時頃配信)

回収率はもちろん100%を超えていますし
馬券で勝つためのノウハウを伝えています。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。