レコンダイト巻き返し濃厚!2015アルゼンチン共和国杯出走予定馬評価

Pocket

今週はGIが一休みとなります。

メインレースは

東京で行われるG2アルゼンチン共和国杯、
京都で行われるG3みやこステークス

となりますが、ここではアルゼンチン共和国杯に出走する有力馬について
取り上げたいと思います。

一番の注目は ゴールドアクター です。

昨年の菊花賞では3着と地力を見せ
前走のオクトーバーステークスも楽勝

長距離での適性もあり、グラスワンダー産駒の成績も良く
スクリーンヒーロー産駒も期待が大きい。
今回のレースは欠点らしい欠点が見あたりません。

強いて言えば厩舎・騎手の重賞実績が足りないという点は気になります。
1番人気での出走は確実で、重賞1番人気のレースをこなせるだけの器なのか

この辺りはオッズと相談をして買い方を決めていくべきです。

対するは重賞実績のある レコンダイト

前走の京都大賞典、前々走の福島の七夕賞
どちらも負けるべくして負けたという
この馬の適性を全く無視したローテーションでした。

今回はこの馬が力を発揮できる舞台での出走となり
凡走が続いたので、人気落ちも見込める。

狙い目としてはここです。
是非とも買いたい馬ですね。

スタミナの必要なレースが得意な マリアライト

2500m以上のレースは中山で経験しており
ディープ産駒にしては重い走りをする馬。

今回は牡馬混合との長距離重賞と言うことで
必要とされるスタミナはこれまで以上となります。

試金石のレースではありますが、
人気になるようなら危険な存在だと言えます。

日本ダービー以来の出走となる レーヴミストラル

こちらは今回長距離戦に白羽の矢を立ててきました。
兄弟を見ると距離は2400m以内の方が成績は残せそうですが
この馬は父がキングカメハメハ。

兄弟と比較しても距離はもう少し伸びても大丈夫であろう
という想定が立ちます。

あとは成長力と久々がどうでるかという点ですが
今回については不安の方が大きいと言えるでしょう。

京都記念2着のある スズカデヴィアス

京都記念自体が前残りの恵まれた競馬だったことに加えて
天皇賞・春、阪神大賞典と惨敗が続いており
今回は難しい舞台となります。

重賞実績のある サトノノブレス

秋初戦のオールカマーを惨敗
オールカマーよりは舞台が好転しますが
長く良い脚を使えるタイプではなく、苦戦は想定されます。

2000m前後のもう少しスピードが必要なところで買いたいですね

予想は無料メールマガジンで行っているので
以下をクリックして登録して下さい。
(日曜日10時頃配信)

回収率はもちろん100%を超えていますし
馬券で勝つためのノウハウを伝えています。

メールマガジンの無料登録はココをクリック