競る馬がいないエイシンヒカリの逃げ切りは…2015天皇賞・秋予想

Pocket

今週のメインレースは「天皇賞・秋」

クラシックディスタンスが得意な馬もマイラーも
どちらにもチャンスがあるレース。

今年のメンバーを見るとかなりの混戦となりました。

人気はエイシンヒカリとラブリーデイ

事前評価としては エイシンヒカリ の方が不利とされています。

しかし、今回はこの馬に競り掛ける馬もおらず
毎日王冠と同様に単騎逃げが見込めるメンツ

前が残りやすい開幕週の東京芝1800mから
差しが利きやすい4週目の東京芝2000mという条件はありますが、
だからこそ無理に競り掛けて来る馬がいない、と言えます。

9戦8勝という実績が示す通り、能力も一流。
人気はありませんが、ないからこそ狙える馬だとも取れます。

一方、京都大賞典を勝った ラブリーデイ

こちらはベストの2000mでレースが出来る上に
4枠8番という好枠をGET。

今年の充実度から外せない存在として挙がってきていますが
こちらはエイシンヒカリ以上に不安点を抱えています。

まずは京都大賞典は超スローペースだったという点

宝塚記念以外の臨戦を見ると距離短縮が成績を残していないレースで
これはスピードが必要な締まった流れになる事が
長い距離で緩い流れを走ってきた馬には向かないということ。

もう一点は左回りで成績を残していないという点

充実期に入ってから左回りのレースを走っていないと言えばそれまでですが
4歳までの成績を見るとやはり不安を感じざるを得ません。

最後はジャパンカップ、有馬記念を控えているという点

今回はメイチの仕上げではないという事ですね。

これらから今回はエイシンヒカリよりもラブリーデイの方が危険だと言えます。

で、どの馬を本命にしたのかという事については
無料メールマガジンで公開しています。

天皇賞・秋の予想は日曜日の11時頃に配信する予定ですので
以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

回収率はもちろん100%を超えていますし
毎週、勝つ為の予想に徹底した予想を展開しています。