ダノンプラチナの好走はマイルCSに直結する!富士Sレース回顧

Pocket

先日行われた富士ステークスは
2歳王者の ダノンプラチナ がサトノアラジンとの競り合いを制して
復活の重賞勝利となりました。

持久力勝負になりやすい東京芝マイル戦ですが
今回は瞬発力勝負の決着となりました。

例年
富士ステークス:スタミナ・持久力勝負
マイルチャンピオンシップ:スピード・瞬発力勝負

となるため、マイルチャンピオンシップとの兼ね合いの薄い重賞ですが
今年は瞬発力勝負となった為、ダノンプラチナはチャンス十分です。

同じ事は2着 サトノアラジン にも言えます。

この馬の最大の武器はスピードと瞬発力

賞金面で出走はやや微妙な面はあるものの
現役屈指の能力を秘めている馬で
トップクラスとも互角以上に戦えます。

ここで負けたこともプラスです。
能力を全て出し切っていないですからね。

3着 ロゴタイプ はかなり頑張りました。

一瞬の脚しか使えない中山専用機ですが
今回は長くいい脚を使いました。

ただ、本質的には長い直線は向かない馬で
京都で行われるマイルチャンピオンシップはノーチャンスです。

人気の フルーキー は先行策が裏目に出ました。

ただ、瞬発力よりも持続力がウリの馬なので
今回の負けは仕方のないところです。

展開が向かなかったという事に尽きますね。

3歳馬 ヤマカツエース と ヤングマンパワー 

この2頭は瞬発力がない馬なので
今回のような流れになってしまっては出番はありません。

ただ、力のある馬なので、今後の重賞戦線では見逃せないでしょう。