長距離適性が不必要なレースになった菊花賞の結末は…|レース回顧

Pocket

先日行われた菊花賞は キタサンブラック が内から抜け出して勝利

馬主の北島三郎さんは念願の初GIとなりました。

勝因はなんといっても展開に尽きます。

母父サクラバクシンオーを持つこの馬が菊花賞を勝つとは…
という意見がありましたが、道中はスタミナを消耗しない淡々としたペース

途中ミュゼエイリアンが上がっていったことや
道中団子状態で馬群が流れたことからも明らかで
内で体力をロスしないように乗っていた
キタサンブラックにとっては唯一と言っていい勝てる流れになりました。

この勝利でキタサンブラックは3000mもこなせる
と判断してはいけません。

次走ジャパンカップや有馬記念に出走したとしたら
迷わず切りでいいでしょう。

同じ事は2着 リアルスティール にも言えます。

道中掛かるそぶりを見せていましたが
今回の流れならある程度掛かっても台頭は可能でした。

本質的にこの馬も2000m前後がベストな馬です。

ただ、キタサンブラックもリアルスティールも今回は恵まれただけではなく
元々世代上位の力があったという事は見逃してはいけません。

力のある馬に降りかかっていた不利な条件が展開で無くなった

ということが、この2頭の好走の要因といえます。

3着 リアファル についても同様の事は言えます。

体力を使うような競馬になれば、連続での激走の疲労や
本質的にステイヤーかどうか、という事が問われたと思いますが
今回は淡々とした流れでそこを問われませんでした。

能力や適性は未だ未知数の難しい存在ですね。

4着 タンタアレグリア は逆に展開に泣かされました。

素軽さのない馬で、もう少しタフな競馬を強いられた方が
強みを出せる馬ですが、今回は流れが向きませんでした。

GIとなるとスケール不足の点は否めませんが
今後2500mを超える重賞ではマークが必要な馬です。

5着 サトノラーゼン は狙った競馬が出来ませんでした。

機動力のある馬なので、もう1列前で競馬が出来ていれば
結果は変わったと思いますが、今回は作戦がはまりませんでした。

これは仕方がないですね。

今年の菊花賞は流れが落ち着いたこともあり
結果的には実力のある馬が順当に上位を独占しました。

確率の低い流れに傾き、かつ人気馬が上位に来るという難しい競馬でした。

1,2着の距離適性については今後も覚えておきたいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。