エイシンヒカリ逃げは可能か?2015天皇賞秋出走予定有力馬診断

Pocket

今週のメインレースは伝統のGI天皇賞秋

昨年はスピルバーグが勝ちましたが
今年は勢力図がガラリと一変しました。

その中で新興勢力の代表といえる馬が エイシンヒカリ

過去負けたのは1度のみと圧倒的な成績とパフォーマンスで
GIまで駒を進めました。

問題は逃げ馬であるという点

1番人気の逃げ馬はいつでも危険視される難しい存在で
今回も展開次第で生きるも死ぬもが決まります。

メンバーを見渡してみると前に行きそうな馬は皆無
前哨戦を快勝してマークがきつくなるはずですが
メンツは恵まれたと言えるでしょう。

考えておく必要があるのはラブリーデイが早めに
エイシンヒカリを負かしに来た時だけです。

その ラブリーデイ も大きく展開を左右する存在です。

今年は重賞5勝で天皇賞・春こそ負けたものの
前走の京都大章典は隙のない競馬でした。

本質的に東京芝2000mが向くタイプではなく
今後ジャパンカップ、有馬記念と目標が先にあるだけに
ここを勝ちに行くのか、無難なレースに徹するのか

この馬の動向をしっかりと読まないと的中には繋がりません。

前哨戦を勝った馬で注目はもう一頭 ショウナンパンドラ です。

不利な条件ともいえる中山芝2200m戦を豪快な末脚で
差しきった内容は満点を与えられるほどのインパクトでした。

ここで走りすぎた反動がどうでるか
エイシンヒカリの逃げでスローに泣かされないか

不安点はいくつもありますが、
展開がハマった時は突き抜けるところまで考えられます。

毎日王冠2着の ディサイファ

前走は順調度と枠順に恵まれた事は明らかで
今回はどう考えても前走よりも厳しい条件になります。

手は出せないですね。

それなら毎日王冠3着の イスラボニータ

こちらは状態不安を報じられながらきっちりと自分の走りをしました。
スケールという点では一歩劣りますが
機動力があり、どんな展開にも対応出来る点は強み。

今回枠順に恵まれるようなら台頭は十分です。

毎日王冠敗戦組では3歳馬 アンビシャス

前回はまさかの大出遅れで競馬になりませんでしたが
それでも差し脚は目立っていました。

前走でガス抜きが出来ていれば
斤量面のアドバンテージを活かして互角に戦えるはずです。

同じく3歳馬の サトノクラウン

ダービーからの直行という大胆なローテーションですが
地力という面では3歳世代でも2番目に挙げられる存在

瞬発力勝負よりもある程度持久力勝負になった方が良いタイプで
コース条件は悪くありません。

あとは久々をどう取るかですが
私はチャンスありと捉えています。

昨年覇者の スピルバーグ

こちらは昨年の勢いはありませんが
目標をココに定めているのは明らかで
差し馬有利な展開になると想定すれば
当然、相手に入れなくてはいけない馬です。

末脚が自慢の ヴァンセンヌ、ステファノス

この2頭についても差し馬が台頭するならチャンスはあるでしょう。
特にステファノスは馬場が渋ったら注目をしたいですね。

予想は無料メールマガジンで行っているので
以下をクリックして登録して下さい。
(日曜日10時頃配信)

回収率はもちろん100%を超えていますし
馬券で勝つためのノウハウを伝えています。

メールマガジンの無料登録はココをクリック