2015富士ステークス出走予定馬診断

Pocket

今週土曜日に行われる重賞は「富士ステークス」です。

安田記念と同じ舞台ということもあり
マイルチャンピオンシップを狙う有力馬が出走してきます。

今年は3歳マイラーの上位馬がこぞって出走と
かなり面白い一戦となりそうです。

その中でも最注目は3歳マイル王 クラリティスカイ

クロフネ産駒の牡馬が芝のマイルGIを勝つということ自体
珍しいことですが、東京マイルを得意としている馬で
ここをどう戦うかで今後への展望が開けます。

私の見解は”危険な人気馬”です。

新馬の負け、弥生賞の負けと休み明けの出走は良績を残せておらず
この馬自身のポテンシャルもまだ証明できていません。

人気になるようなら外して勝負をしたいですね。

ニュージーランドトロフィー勝ちの グランシルク

京成杯は開幕週の馬場でありながら4着と健闘

しかし、今回は適性のない東京での競馬ということで
前走以上に厳しい競馬を強いられる事になるでしょう。

手は出しづらい馬です。

重賞で連続3着の ヤングマンパワー

先行しての粘りが身上の馬が前走は追い込んで結果を出しました。
走りは地味ですが、脚質の自在性もあり
3歳馬で最も狙える存在だといえます。

GI馬 ダノンプラチナ

皐月賞では全く見せ場がなく敗れましたが
能力で負けたというよりも体調面という印象。

まだこの馬の本質は試されておらず
ここでの好走は視野に入れておく必要があります。

古馬勢では前走OP勝ちの フルーキー

常に掲示板は外さない堅実な走りが売りですが
ワンパンチ足りない点は否めません。

馬券圏内は考えなくてはいけませんが
勝つまではどうか、という存在ですね。

エプソムカップ2着の サトノアラジン

この馬の武器は強烈な末脚
末脚の破壊力は現役馬の中でも屈指の存在ですが
スピード比べになりやすい1800m戦から
スタミナが必要になるマイル戦は舞台としては適性を下げています。

ペースがこの馬に向くかどうかが焦点となるでしょう。

その他にも

国内レースは久々の出走となる ワールドエース

東京コースは不得手でチャンスの薄い ロゴタイプ

東京マイルは得意な ロサギガンティア

など、重賞級の馬が多数出走となり激戦が予想されます。

予想は無料メールマガジンで行っているので
以下をクリックして登録して下さい。
(土曜日10時頃配信)

回収率はもちろん100%を超えていますし
馬券で勝つためのノウハウを伝えています。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。