完勝ラブリーデイ、天皇賞・秋への可能性は?2015京都大賞典回顧

Pocket

先日行われた京都大賞典は
1番人気 ラブリーデイ が完勝

今年に入って完全に馬が変わりました。

秋は王道(天皇賞・秋、ジャパンカップ、有馬記念)3連戦となりますが
この3戦でどれだけの成績が残せるかが焦点となります。

一番可能性が高いのが有馬記念です。

中山・阪神で高いパフォーマンスを見せているように
パワーの必要な舞台は得意で
他の馬の適性を考えても勝つ可能性は高いです。

逆に次走天皇賞・秋が一番危険です。

ラブリーデイ自身が苦手な舞台ではありませんが
400mの距離短縮でペースが一気に変わる点と
3連戦を控えている分、仕上がりが甘くなる点

この2つの不安点を抱えているからです。

いずれにしてもこの秋3戦はラブリーデイを
中心に回っていくので、注目が必要な馬ですね。

2着には サウンズオブアース が入りました。

直線では伸びましたが、最後は力負けをしました。

とはいえ、力のある馬が力を見せた形で
今後のGI戦線にも加われる事を証明しました。

この馬も有馬記念が一番向いていますね。

3着は カレンミロティック

自分の競馬は出来ましたが、末脚勝負になった分、弱さを見せました。

距離はこれくらいの方がいいタイプで
ジャパンカップ、有馬記念では怖い伏兵となるでしょう。

ラキシス はいいところがなく4着

札幌記念と同じような競馬内容でした。

馬に気持ちが入っていないという感じで
もう少し状態が上がってこないと好走は難しいですね。

ブーラブライド は5着

カレンミロティック同様、自分の走りは見せてくれました。
この舞台では走りますね。

6着に敗れた ワンアンドオンリー

不調が続いており、きっかけが掴めません。
しばらくは馬券を買わなくてもいいでしょう。