ダノンリバティは坂のあるコースが苦手である|シリウスS回顧

Pocket

先日行われたシリウスステークスは
武豊騎手騎乗の アウォーディー が差しきり勝ちで完勝

ダノンリバティを並ぶ間もなく交わした末脚はインパクト十分で
今後ダート界の主役となるにふさわしいレースでした。

ジャングルポケットにヘブンリーロマンスと日本でも馴染みの血統ですが
チャンピオンズカップに向けて注目の馬が出てきました。

2着には ダノンリバティ が入りました。

勢いと地力は見せた結果ですが
最後は失速してしまい、底を見せた形。

新潟で好走した内容と比較すると非力な印象は否めず
坂のないコースで買いたい馬ですね。

3着は ナムラビクター

こちらはゲートを嫌がっていたように
今回はレースをする気がなかったのでしょう。
奇数枠という点も災いしました。

ただ、最後に見せた末脚は地力の証明で
GIを連対するだけの実力は見せました。

次走はどう気持ちを立て直してくるのかが焦点となります。

今回のメンバーはこの3頭の力が抜けていたという結果になりました。

その中で不安要素を見せたのはダノンリバティです。

次走はどれだけ人気を落とすかわかりませんが
過剰に人気をするようなら積極的に外していきたいですね。