ディープ産駒の成績が悪い阪神芝2400mで…|神戸新聞杯予想

Pocket

今週の阪神メインレースは神戸新聞杯

菊花賞トライアルとして最重要視されているレースです。

過去にはオルフェーヴル、ゴールドシップ、エピファネイアが勝利したレースですが
今年はかなり低調なメンバー構成であると言えます。

その中で力の抜けている馬が リアルスティール です。

皐月賞2着、日本ダービー4着と実績では抜けており
普通に考えれば凡走は考えづらいですが
今回は骨折明け、菊花賞に向けて無理な競馬をさせる事が出来ず
仕上げとしてはかなり甘めであることが予想されます。
加えてスピード型のこの馬には不適な舞台で不安要素はあります。

頭で買うには危険な人気馬です。

リアルスティールに限らずディープインパクト産駒の成績が良くないが阪神芝2400m

京都で2戦2勝+長期休養明けの キロハナ は
到底ここで買える馬ではありません

ティルナノーグ も前走、前々走と上がり3ハロンは33.1秒、33.0秒と
スピード勝負が得意な馬、この舞台でこの上がりタイムは難しく
武豊騎手への乗り替わりも好転はしません。

アルバートドック は阪神芝2400mでの勝ち鞍があり
今回のディープ産駒では一番妙味のある馬ですが
京都は4戦して全て3着以内なのに対して
阪神は4戦して2回は馬券圏外へ外れており
本質的には京都が良いタイプです。

つまりディープインパクト産駒は阪神芝2400mが苦手という事です。

ここを踏まえて予想を組み立てていきましょう。

本命馬はどの馬を指名したか、対抗馬以下の評価については
メールマガジンの方で公開していますので
まだ登録をしていない方は、登録をして見て下さい。

日曜日の10時頃に配信する予定です。

メルマガはもちろん無料ですので、登録は以下をクリックして下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

回収率はもちろん100%を超えています。