リアルスティール1強?それとも大波乱?2015神戸新聞杯事前予想

Pocket

今週の阪神メインレースは菊花賞トライアルの神戸新聞杯

例年と比べてかなり小粒なメンバー構成と言えますが

その中で断然の注目馬は皐月賞2着馬の リアルスティール

皐月賞、日本ダービーの内容を考えると
サトノクラウンと並んで現3歳世代ナンバー2の存在
地力はこのメンバーでは抜けています。

ただ、本質的に阪神芝2400mが合っている訳ではないので
確勝級という判断は出来ませんが
これだけ相手のレベルが下がるとさすがに消せない存在になります。

以下の馬を見てみると

安定感のある アルバートドック

8戦して馬券圏内6回ととにかく堅実な走りが信条の馬です。
ただ、京都では4戦全て馬券圏内なのに対して
阪神は4戦して2回馬券圏内から外れており
ディープ産駒らしく「京都>阪神」が色濃い馬です。

重賞勝ちのある タガノエスプレッソ

皐月賞・ダービー共に13着とGIで通用する馬ではありませんが
2400mという距離と先行できる脚質は悪くありません。

あとはこの馬が早熟かどうかの1点に尽きます。

池江厩舎2戦2勝の キロハナ

成績・厩舎・ディープ産駒と人気になりそうですが
キャリアの浅さ、実績が京都と危険な存在になるでしょう。

若葉ステークス1,2着の レッドソロモン と ワンダーアツレッタ

2頭とも粘り込みがウリの先行馬ですが
スピード勝負になると厳しい面を見せてきます。

パワー勝負で前残りの展開になるなら
若葉ステークス同様ワンツーを決める可能性はあります。

春にクラシックの波に乗れなかった ティルナノーグ と トーセンバジル

長距離で持ち味を発揮しそうな サラトガスピリット と レッドアルティスタ

2番手以下は混戦なだけに展開次第では台頭の可能性を秘めた馬達が存在しており
馬券としては非常に難しいレースとなっています。

予想は無料メールマガジンで行っているので
以下をクリックして登録して下さい。
(日曜日10時頃配信)

回収率はもちろん100%を超えています。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。