秋華賞最有力候補はレッツゴードンキ!ローズS回顧

Pocket

先日行われたローズステークス

タッチングスピーチ が後方から一気の差し脚で勝利

ディープインパクト産駒らしい鋭い瞬発力を見せました。

この馬自身の成長や能力が勝因の一つでもありますが
ハイペースで締まったレースの流れになったことが最大の勝因です。

今回は追い込み馬の決着となりましたが
秋華賞では今回の上位馬が人気になるので
前が粘る展開になる可能性が高くなります。

その点では前で粘った4着馬 レッツゴードンキ は秋華賞での最有力候補と言えます。

直線でも脚色は鈍っていませんでしたし
気性面の成長も多少見受けられたので
ここで人気が落ちるようなら次走狙いたいですね。

オークス馬 ミッキークイーン は地力を見せて2着

出遅れて最後方という状況から良く巻き返しました。
秋華賞では状態も上がってくるでしょうし、当然有力な存在です。

ただ、今回前で競馬が出来なかったのは痛かったですね。
展開次第では馬券圏外に消える可能性も秘めています。

3着には トーセンビクトリー が入りました。

馬券圏内は確保した物のインパクトは薄かったですね。

これは瞬発力勝負となったからで、スタミナが必要な流れになれば
上位2頭を逆転する事も可能です。
秋華賞は内回りコースなので、枠順と展開次第では台頭できるでしょう。

5着 クイーンズリング は前で競馬をした分、最後は甘くなりました。

展開的には次走巻き返しもありますが
レッツゴードンキを差せなかった点は地力が一枚劣る点を見せてしまいました。

6着 アンドリエッテ も不満の残る内容でした。

スタートこそ出遅れた物の内でロスなく脚を溜めた結果が
今回の内容だと正直物足りません。

この敗戦でGIには出られなくなると思うので
また一から出直しですね。