スプリンターズに向け快勝のアクティブミノル|セントウルS回顧

Pocket

先日行われたセントウルステークスは
アクティブミノル が逃げ切り勝ちを収めました。

勝因はなんといっても逃げられたことです。
内枠の偶数枠をゲット出来たことが大きかったですね。

アクティブミノル自身もあまり評価はされていませんが
人気ほど力のない馬ではありません。

今後も重賞路線で活躍できる馬ですが
今回長期休養明けで先手を打って激走したので
次走スプリンターズステークスはノーマークでいいでしょう。

来年以降のスプリント路線での活躍に期待です。

2着には ウリウリ が入りました。

大外枠ながら道中で内にいれて経済コースを通り
直線も理想的に外へ出して直線抜けるという
岩田騎手の絶妙の騎乗が見られました。

内容的には勝ちに等しい内容ですが
スプリンターズステークスで同じ内容のレースが出来るかどうか
と考えると難しいという結論が妥当です。

地力は強化している馬です。

3着には バーバラ が入りました。

こちらも鞍上の好騎乗が好走の一番大きな要因です。

開幕週の阪神で行われたという点も
この馬には大きく味方をしてくれました。

ローカル重賞で走りそうなタイプです。

4着には ストレイトガール が入りました。

常に外を回っての内容でGIに向けた叩き台の感じがアリアリでした。

6歳で距離短縮という事もあり、無理をしなかった分
次走のGIでは期待できます。

1番人気の ハクサンムーン は惨敗

2番手からレースを進め、一見不利がないように見えましたが
年齢面と気性面の難しさを出した格好となりました。

ちょっと人気し過ぎでしたね。

力を全く出していないので、次走は期待できます。

昨年覇者の リトルゲルダ も惨敗

こちらはスタートが良くなかったことから
リズムを掴めないままレースが終わってしまいました。

スタートさえ出られれば、もう少し違うレースが出来ると思いますが
昨年と比較すると能力が落ちているのは明白です。