追い込み馬全滅の展開で決着!2015新潟記念レース回顧

Pocket

先週行われた新潟記念

デムーロ騎手騎乗の パッションダンス が最後に一差しをみせ
久々の重賞勝利を飾りました。

もともと新潟記念は前が残る傾向にありますが
それに加えて雨が降ったこともこの馬には味方しました。

パッションダンス自身は切れ味がなく
直線で粘り込むタイプの馬なので
馬場悪化で各馬が伸びあぐねた事はプラスでした。

地力としてはG3レベルの馬なので
一線級との対戦は厳しいです。

2着 マイネルミラノ も恵まれました。

レース前から逃げ馬がおらず、この馬が主導権を握ることは分かっていました。
加えて前走の敗戦でまったくの人気薄になった事でレースをしやすくなりましたね。

地力面でもG3レベルには十分に達している馬なので
今回は必然の好走でした。

今後もマークが薄くなる時は狙っていきたいですね。

3着は ファントムライト

鞍上戸崎騎手が上手く内を掬ってきましたね。
枠順の影響も当然ありましたが、騎手の腕で持ってきたと言えます。

3歳馬ミュゼスルタン、アヴニールマルシェは惨敗

アヴニールマルシェは週中から話をしていましたが
この舞台が全く合いませんので、来ないのは当然ですね。

ミュゼスルタンも仕上がり面の甘さなのかいいところがありませんでした。
このあたり関東の実績を出していない厩舎という不安を露呈しました。

マジェスティハーツ についても簡単に話しておくと
重賞で人気薄での連続激走。

当然疲労の心配はしなくていけない上に森騎手で2番人気、
今回は期待値の低い存在で重い印はつけられなかったですね。