3歳馬vs古馬!?2015京成杯オータムハンデ有力馬情報

Pocket

今週から中山競馬場でのレースが行われます。

口火をきるのは京成杯オータムハンデキャップです。

このレースには今年の3歳マイル路線で主役を張った馬達が登場します。

マイル路線で2番手グループだった
ヤングマンパワーやヤマカツエースが古馬相手に
戦っているだけに期待をしたくなりますが、注目の2頭を見てみましょう。

最初に取り上げるのはNHKマイルC2着の アルビアーノ

逃げ馬のタイプとしては持久力のあるタイプです。
パフォーマンスもあり、実力は備わっていると判断していいでしょう。
開幕週も武器となるので、人気になると思いますが

血統面での裏打ちがない、厩舎が不安、前走なぜかダートを使っている

という不安材料を多く抱えています。
古馬牡馬との対戦も始めてで、期待値という点では強調出来ません。

ニュージーランドトロフィー2着の グランシルク

こちらはアルビアーノとは真逆の追い込み馬

ステイゴールド産駒で中山芝マイル戦は重賞での
勝ち鞍があるように舞台適性はあります。

あとは開幕週のスピード勝負にどこまで対応出来るかが課題となります。
あくまで展開次第の馬、と位置づけています。

対する古馬勢は少し格が落ちます。

その中で筆頭格なのは レッドアリオン

前走は地力の違いを見せつけた格好で
得意な中山でのレースはプラスです。

ただ、ハンデを背負わなくてはいけない点や
前走で見せたテンの遅さは開幕週の中山でプラスになるかは微妙

あまり手を出したくない存在です。

続いて スマートオリオン

もともと1200mの馬で未だ距離を克服したとは言えませんが
開幕週の馬場であれば、距離をごまかせる可能性があります。

前走の敗戦でかなり人気も落ちそうなので
人気次第では馬券の検討に入れてもいい存在です。

近走安定感の出てきた ダローネガ

ダイワメジャー産駒らしく中山マイルの適性は十分
あとはどのような戦法での競馬をするかが課題です。

自在性がある馬なので、中段くらいでスムーズにレースが出来れば
この馬の力を発揮することが出来るでしょう。

その他にも重賞の常連 ブレイズアトレイル

中山に適性のある シャイニープリンス

ニュージーランドトロフィー勝ちのある ショウナンアチーヴ

切れ味鋭い エキストラエンド

など夏の重賞でおなじみのメンバーが出走して来ます。

馬券の焦点は何度も口にしていますが展開と馬場です。

速い時計が出る事が多い舞台なので
中山の適性を持ちながら速い時計で勝負できるような馬をチョイスしたいですね。

予想は無料メールマガジンで行っているので
以下をクリックして登録して下さい。
(日曜日10時頃配信)

回収率はもちろん100%を超えています。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。