ロードクエストがクラシック主役候補へ!でも東京で走るかな?

Pocket

先週行われた新潟2歳ステークスは1番人気
ロードクエスト が内から豪快に抜け出して完勝

父マツリダゴッホ、母父チーフベアハートという血統から
新潟マイル戦はあまり適性がないと思いましたが
ここを勝利したという事実は能力の証明でしょう。

ただ、もう少し上のクラスで通用するのか?
瞬発力勝負で勝てるタイプなのか?

今回は馬場も重かったので、そのあたり今回は保留だと言えます。

加えて、騎手・厩舎共にGIで主役を張るには
実績のない陣営なので、この勝利で過度な評価は禁物だと言えます。

次走は朝日杯かホープフルステークスの両睨みという事ですが
中山での走りをみたいですね。

東京コースの適性は今のところ疑っています。
(新馬戦を勝っていますが…)

2着には ウインファビュラス が入りました。

差し馬が台頭する中で先行から粘った点は評価が出来ます。

ステイゴールド産駒という事で重めの馬場に適性があった事も
今回の好走の要因といえるでしょう。

軽めの馬場でどこまでやれるかは改めて注目です。

3着 マコトルーメン は距離延長に上手く対応出来ました。

こちらはダイワメジャー産駒で上位馬同様パワーを活かせた点が好走要因です。

相手なりに好走できそうなタイプで
今後の重賞戦線でもコンスタントに結果が残せそうなので
馬券的には注意が必要な馬になります。

2勝馬 ペルソナリテ は4着

この馬なりに健闘しましたが、いかんせん馬格がない馬なので
今後オープンクラスで活躍していくのは難しいと言わざるを得ません。

今回は2歳戦なので、まだまだ全てを判断するには時期尚早です。

今後も2歳戦は馬券を買わずに見守って
3歳戦になったら馬を見極めて勝負をしていきましょう。