ディサイファは天皇賞・秋、ジャパンカップで通用する?【レース回顧】

Pocket

先日行われた札幌記念は ディサイファ が先行から押し切って勝利

4コーナーでは絶好の手応えであがってきた辺りをみると
このレースでは相当調子が良かったと見て取れます。

ディープインパクト産駒にしてはパワーが勝ったタイプで
札幌という舞台もこの馬に味方しました。

好メンバーが揃ったここで完勝したことで
今後天皇賞・秋、ジャパンカップといった
GI戦線に期待をしたくなりますが
今回は有力馬が不発だった点を踏まえると
GIを取るだけの底力があるとは判断できません。

逆にスピードやスタミナが必要な東京コースで
更に強い相手となると、厳しいと言わざるを得ません。

GIで走るとしたら有馬記念でしょう。

2着には ヒットザターゲット が入りました。

最後は内から凄い脚で伸びてきましたが
この馬は能力については高い物を持っています。

あとはそれを発揮できるかどうか

ムラな面はありますが、スタミナに優れたタイプなので
秋のGIは流れ次第では台頭してくる可能性はあるでしょう。

3着は ダービーフィズ

この馬は前走に続いて岩田騎手が好騎乗を見せてくれました。

鞍上の腕に助けられた部分が多く
今回の内容で連に絡めないという事は
これ以上を望むのは難しいでしょう。

G3までの馬ですね。

1番人気の トーホウジャッカル は8着

ポジションはそれなりの位置につけられましたが
勝負所でまったく反応しませんでした。

長期休養明けの反動、洋芝、枠順

もろもろの不安要素があったので、妥当な敗戦だと言えます。

ここを叩いて少し状態も上向いてくるはずなので
秋に期待しましょう。

ラキシス は直線で伸びを欠き5着

この馬本来のパフォーマンスではなかったという点から
まだ本調子にはないのでしょう。

大阪杯がタフなレースだったので、
このレースの反動があると考えるのが妥当です。

おそらく休養を挟んでくるので、休み明け初戦に期待しましょう。

ラストインパクト も直線でイマイチ伸びず6着

休み明けとしては上々の内容でしたが
最後伸びなかったのはパワー不足という点が挙げられます。

この馬は軽い馬場の方が能力を出せますね。

3歳馬 ヤマカツエース は4着と健闘しました。

前走は展開に恵まれた感がありましたが
今回は正攻法での内容で、地力を証明した形です。

今後も重賞戦線で活躍できるでしょう。