岩田騎手&ジェベルムーサの捲りはGIで通用するレベルか?

Pocket

先日行われたエルムステークスは ジェベルムーサ が捲って楽勝

3コーナー、4コーナーともに馬なりと
馬が勝手に走ってくれたといえるくらいの
良いパフォーマンスでした。

もともと能力は高いものを持っていましたが
ここにきて開花しつつある印象です。

パワータイプの馬で坂のあるコースの方が力を発揮できますが
今後GIで戦っていく上では、脚質の安定化とスピード競馬への対応

という点が課題となってくるでしょう。

今のままだと天下取りは難しいですね。

2着には グレープブランデー が入りました。

4コーナーの手応えは悪かったですが
最後はしっかりと伸びました。

実績が示すとおり実力があり
もっと広いコースの方が力を出せる馬なので
秋が楽しみですね。

人気の クリノスターオー は4着

スタートから手応えが悪く、4コーナーも手応えが悪い
とまったく見せ場がありませんでした。

能力と適性から考えるとふさわしくない走りだったので
表には情報として出ていませんでしたが
体調がイマイチだったのでしょう。

ソロル は5着

競馬の内容としてはこの馬の競馬はしていましたが
この結果に落ち着いてしまったという事は力負けです。

と同時にもう少し力の要るコースの方がこの馬の力は発揮できますね。

その他、カチューシャやヒラボクプリンスなどは前に行けませんでした。

人気薄のエーシンモアオバーが粘ったように
札幌のダートは前に行くことが鉄則

という事がよく分かったレースでした。