2015札幌記念出走想定有力馬|トーホウジャッカルは買い?切り?

Pocket

今週のメインレースはG2札幌記念です。

ルージュバックが回避という残念なニュースが飛び込んできましたが
夏の大一番という位置づけは変わっておらず
今回も夏の重賞で結果を出した馬たちが集まってきました。

最大の注目は菊花賞馬 トーホウジャッカル

順調さを欠き、長期休み明けとなった宝塚記念でも4着と地力を見せました。

今回は休み明けで宝塚記念よりも上の状態が見込めます。
そして、走りの内容からも札幌コースの適性もあると判断できます。

しかし、長期休養あけからの激走という形を取ることも出来
決して能力全開であるとは決定できません。

人気次第な点はありますが、上位人気が予想される今回は軸にはしづらい馬です。

もう1頭の主役は宝塚記念で惨敗した ラキシス

前走の敗因は定かではない部分がありますが
この馬は昨年秋から急激に力をつけており
使いたいレースを使えているので信頼度という点では
トーホウジャッカルよりも上だと判断できます。

夏の札幌2000mという条件も悪くないでしょう。

能力面で3番手といえる ラストインパクト

ディープ産駒にしてはスピードよりもスタミナで
勝負するタイプで、札幌の舞台はあいます。

勝ちきる強さはありませんが、常に相手なりに好走出来る馬で
複勝圏内という点では一番チョイスしやすい存在です。

使ってきた組では函館記念を勝った ダービーフィズ が筆頭です。

前走は内枠で恵まれた点はありますが
この馬の力は出すことが出来ました。

適性や状態は問題ありませんが、課題は能力です。
G2で勝ちきるだけのポテンシャルを見せていないだけに
人気が先行するようなら避けたい存在ではあります。

同じ小島太厩舎の ディサイファ

こちらも走りの内容や存在は地味ですが
G3では常に勝ち負け出来るレベルの馬で
ダービーフィズよりは上の評価を与えなくてはいけません。

3歳馬 ヤマカツエース

前走は古馬混合で3着と善戦しましたが
ダービーフィズ同様、内枠で恵まれてのもの

今回も内枠に入り、展開に恵まれれば台頭はあるものの
根本的にまだ能力を証明できておらず苦戦必至です。

逃げて一発が見込める トウケイヘイロー

大穴メーカー ヒットザターゲット

前走で復活の兆しを見せた ハギノハイブリッド

この辺りも伏兵として虎視眈々と狙っています。

焦点となるのは本命馬選びです。

トーホウジャッカル、ラキシスがそこまで信頼がおけないので
どの馬をチョイスして、どの券種を買うのか

ここが勝敗を分かつでしょう。

予想は無料メールマガジンで行っているので
以下をクリックして登録して下さい。
(日曜日10時頃配信)

回収率はもちろん100%を超えています。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。