地力強化で将来性あり!クロスクリーガー|2015レパードS回顧

Pocket

先日行われたレパードステークスは クロスクリーガー が完勝しました。

ずっと逃げで成績を出してきた馬ですが、今回は好位での競馬
しかも、ゴールデンバローズが逃げたこともあって
4コーナーでは先頭に並びかける競馬を見せての勝利は価値があります。

今まで力のいる競馬場で好走をしていましたが
スピード勝負にも対応できる事を証明しました。

今後が非常に楽しみな馬です。

2着には ダノンリバティ

初ダートとなりましたが、しっかりと適性を見せました。

クロスクリーガーには力負けでしたが
この内容を見ると今後はダートで戦っていく形になるでしょう。

3着は タマノブリュネット が入りました。

この馬は田辺騎手の好騎乗が光りました。
内でコースロスなく、道中レースをすすめて、最後の直線で弾けた恰好。

ディープスカイ産駒はまだ活躍馬がいないこともあり
今回の走りはまだ信用は出来ませんが
今後の活躍に期待をしたいです。

1番人気 ゴールデンバローズ は4着

逃げという戦法で思ったより弾けなかった
という点はあると思いますが
戸崎騎手から石橋騎手に乗り替わったように
状態面がまだ戻っていないという1点に尽きます。

能力は抜けているので、完全復活すればGIでも戦える馬です。

5着には カラパナビーチ

今回はスタートで若干出負けした点が響きました。
直線ではジリジリとしか伸びなかった通り
逃げて持ち味を発揮できる馬なので
次走以降逃げれば、もっと高いパフォーマンスを発揮できる馬です。

ライトオンウインド はデムーロ騎手騎乗だったので人気になりましたが
能力的にはこれくらいの馬でしょう。

ノボバカラ も前走は条件が整っての好走だったので
今回は仕方のない敗戦だと言えます。

ダイワインパルス は外枠でのレースを見てみたいですね。