2015小倉記念予想|鮫島駿騎手は?条件と騎手で狙えるレース

Pocket

今週の小倉メインレースは小倉記念

昨年はサトノノブレス、マーティンボロとディープインパクト産駒のワンツーで決まりました。

今年もディープ産駒は3頭出走していますが
メンバーを見ながら予想をしていきましょう。

小倉競馬場は小回り平坦コースのため
パワーよりもスピードが必要な舞台となっています。

ディープインパクト産駒が活躍しているのもこの要素が大きいからです。

その観点から考えると3歳で挑戦した ベルーフ は難しい面があります。

鞍上にパートンを配してきた点はこの馬に対する期待が見受けられますが
この馬の本質は不器用なパワー型

京成杯で大外からぶっこ抜いたレースがこの馬の持ち味
皐月賞のように先行争いが激化するとポジションを取りにいけない
機動力の低さが欠点なので、今回のレースでは切りで問題ないでしょう。

他で気になった馬は鮫島駿騎手騎乗の タガノグランパ

この馬自身、近走結果は出ていませんが、クラシックで上位に入った通り地力のある馬です。
休み前も1.1秒差、0.5秒差とそれほど負けていません。

が、今回は菱田騎手から鮫島駿騎手に乗り替わりました。
本気で勝ちに来ているのであれば、新人騎手を重賞で乗せる事はありません。

今回は経験値を積ませる為の騎乗である事は見え見えで
タガノグランパも切りで問題ありません。

逆に買いたい馬はスピードとスタミナをバランスよく兼ね備えた馬です。

小回りなので早めの仕掛けになりスピードだけの要素では危険

過去10年馬券圏内に3頭しか牝馬が絡んでいない事もスタミナが必要な事を物語ります。
ハンデ51kgの マローブルー が人気になっていますが、軸には出来ませんね。

本命馬、相手馬、馬券の買い目の方はメールマガジンの方で配信しています。
(日曜日朝10時頃)

登録はもちろん無料です。
以下をクリックすると登録できるので、是非予想を見て下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

回収率はもちろん100%を超えています。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。