2015小倉記念想定有力馬評価|主役不在の中に挑む3歳馬ベルーフ

Pocket

今週の小倉重賞は小倉記念

例年ローカルなメンバーが集まるレースですが
今年は例年以上に小粒なメンバーが集まりました。

軸となる馬はいませんが、一番の注目は3歳馬 ベルーフ

過去に3歳馬の参加はほとんどありませんが
2年前にラブリーデイが2着に好走

ベルーフ自身もまだ底を見せてない馬で期待はあります。

ですが、この馬は不器用なパワータイプの馬で
開幕2週目の小倉コースが合うかと言えば、合いません。

この馬自身がよほどの成長を遂げていない限り今回は難しいでしょう。

実績をみると一番に名前があがる メイショウナルト

前走七夕賞ではそれまでの不調を覆す走りで4着
逃げ・先行馬が揃っていた前走から
今回は同型が少なくなりそうなので、条件は整いました。

あとは過剰に人気になるとマークされてきつくなります。
人気面にも注目ですね。

重賞での実績がある アズマシャトル

ゼンノロブロイ産駒らしく重さがある馬
スピード勝負となると辛くなる馬で今回の条件は厳しいものとなります。

能力で押し切る可能性は否定できませんが、今回は期待値が低い存在です。

マーメイドステークス4着 ウインプリメーラ

ステイゴールド産駒らしからぬ非力な馬で
平坦をなだれ込む事が得意なタイプで
今回の舞台はチャンスがあります。

メンバー的にも外してはいけない馬ですね。

重賞で僅差の競馬を続けている パッションダンス

ここ4戦全て重賞で0.5秒以内の競馬をしており
ローカル重賞であれば戦える底力を持っています。

ディープインパクト産駒らしい軽さ、先行力
小倉記念の舞台なら十分に戦える馬です。

条件戦を勝って勢いのある マローブルー

パッションダンスと同様にディープ産駒で先行力のある馬
1600万条件での勝ち鞍がないので格下といえる存在ですが
どんな馬場にも対応している点は心強い点です。

誰を乗せて来るかで陣営の本気度が分かりますね。

他には小倉で実績のある バッドボーイ

不器用ながらスタミナのある クランモンタナ

いつか復活するであろう タガノグランパ

ハンデ戦なので斤量にも注目する必要がありますが
適性がハッキリ分かれているので馬券は買いやすいレースになりそうです。

予想は無料メールマガジンで行っているので
以下をクリックして登録して下さい。
(日曜日10時頃配信)

回収率はもちろん100%を超えています。

メールマガジンの無料登録はココをクリック