松田大作騎手は追い込みが得意?2015クイーンステークス回顧

Pocket

先日行われたクイーンステークスは
メイショウスザンナ が後方から追い込んで勝利

レースは10頭立てと少頭数だったにも関わらず
息の抜けない展開となったため、後方待機のメイショウスザンナが届きました。

伏兵だったとはいえ、後方でじっくりと構えた判断が吉と出ました。
4コーナーも内を回って、直線で中目を抜けて来るという追い込み馬としては理想の競馬

松田騎手は成績的にも評価は高くありませんでしたが
追い込みが得意かもしれませんね。
今後要注意の騎手です。

3着 イリュミナンス も横山典弘騎手が上手く乗りました。

近走差し・追い込みが板についてきた馬でしたが
意志を持っての先行策

道中は少し下げましたが内に入り経済コースを確保
最後は力負けといった形でしたが、
今回のレースで一番上手に乗ったと言えます。

逆に一番上手く乗れなかったのは7着 ブランネージュ

瞬発力がなく、先行して粘り込む形がベストの馬に対して
スタートが上手く出たにも関わらず後方に下げて
外々を回り、直線勝負で失速。

この馬の個性を全て殺した騎乗になってしまいました。
馬自体はまだ見限れず、乗り替わりがあれば重賞でも戦える馬です。

1番人気の レッドリヴェール は2着

淀みないペースになった分、最後は足下を救われましたが
今回は自分の競馬が出来ました。

ただ、3歳時の粘りが見られません。
まだ完全復活とはいかないので、現状これ以上のクラスは厳しいでしょう。

もう一歩進んだ走りを見たいですが…

3歳馬 ノットフォーマル は4着

成績の浮き沈みが激しい馬ですが、能力はありますね。

今回は速い流れになってしまった点が不運でしたが
スローペースの競馬になれば牝馬限定重賞でも勝ち負け出来る馬です。

5着 フレイムコード はこれからの馬ですね。

次走以降に期待しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。