枠順・展開、全てに恵まれたベルカント|2015アイビスSD回顧

Pocket

先日行われたアイビスサマーダッシュは
ベルカント が悠々と逃げ切って快勝

今回のレースはアイビスサマーダッシュとしては異端なレースとなりました。

通常外枠に先行馬が殺到するところを
どの馬も馬場の中団を走ったことから
ベルカント1頭が外枠を走るという展開に。

そして、強力な逃げ馬がおらず有力馬が差し馬中心であったこと

全てがベルカントに味方しました。
人気上位の外枠の先行馬がこれだけ楽なレースをすることは今後ないかもしれません。

今回は全てにおいて恵まれました。

次走プレッシャーを受けた時にベルカントがどういう走りを見せるのか。
今回の楽勝を額面通りに受け止めてはいけないですね。

2着 シンボリディスコ が入りました。

実績こそ下でしたが、新潟直線競馬の適性はありますし
枠順や展開などを考えると恵まれていたので、この好走は必然でした。

なぜ、9番人気になってしまったのは分かりませんが
この人気なら当然買っていなくてはいけない馬ですね。

3着には アースソニック

今の充実度が示す通り、自分の能力だけは走る事が出来ました。
後方からレースを進めるタイプなので、展開に左右される面はありますが
今後の重賞でも活躍をしてくれるでしょう。

人気の セイコーライコウ は4着

思ったほど前に行けませんでした。
状態面が昨年ほどではないという点と8歳という年齢は
スピード勝負をするのには厳しかったと言えます。

ピークは過ぎてしまった感があります。

リトルゲルダ は健闘しましたが5着

最初から狙いはここではないので
今回は叩き台としては合格点でしょう。

ヘニーハウンド は本質的に脚を溜める競馬があっているので
今回のような積極策は合いませんでしたね。

レンイングランド は3歳という事もあり、過剰人気でした。
前走が恵まれてのものでしたから、それが見抜けない人が多かったという事ですね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。