2015クイーンステークス予想|少頭数を踏まえて展開を読む

Pocket

今週の札幌メインレースは「クイーンステークス」

札幌の開幕週を飾る重賞ですが
今年は例年になく少頭数に落ち着きました。

注目は レッドリヴェール

阪神牝馬ステークス6着、ヴィクトリアマイル4着と
着実に復調への階段を上っているように見えますが
走りの内容としてはそれほど良くありません。

前走は前残りの展開をそのままなだれ込んだという感じで
良いときのねばり強い末脚は依然なりを潜めたまま

今回は断然人気が予想されるので、当然本命には出来ません。
最後の押さえという扱いにして、レッドリヴェールが飛んだ場合に
高い配当を狙うという馬券の買い方が最適でしょう。

本命は ブランネージュ です。

今回は10頭立てという少ない頭数での競馬なので
ペースは落ち着く可能性が高いでしょう。

その中でブランネージュは切れる脚がなく
先行して押しきる競馬が得意な馬なので
この馬の持ち味を発揮できる流れになる可能性は大です。

昨年の実績から重賞級の能力がある事も間違いなく
今回は当然買いですね。

対抗は ノットフォーマル

相性のいい3歳馬で重賞勝ち、GI5着と能力も見せており
本命に指名しようか迷うレベルの馬です。

逃げ馬らしく走る時と走らない時の差が大きい馬ですが
リズムとしては好走、凡走、好走、凡走と繰り返してきているので
今回は期待をしていいでしょう。

3番手は フレイムコード

常に人気薄で走ってきた馬ですが着実に地力をつけてきました。

存在自体は地味なんですが、福永騎手に乗り替わりという点はプラスです。
そして、先行出来る脚質という点も今回の条件にはピッタリ合致しており
ここでは侮れない存在でしょう。

次に イリュミナンス

3歳時からオープンクラスと戦ってきた馬で
能力的にはこのメンツとも戦える馬です。

心配な点は脚質です。
切れ味があるタイプではない上に近走は後方からの競馬多く、
少頭数の中、スローで流れた場合に差して届かず

そんなレースになる可能性が高い事が懸念材料で
今回は4番手としました。

最後に押さえの レッドリヴェール を入れて相手4頭とします。

ブランネージュから馬単・ワイド・3連複を買う予定です。

フーラブライドは天皇賞・春からの距離短縮
今回は開幕週でスピードが必要とされる競馬になると踏んでいるので
能力は認めても適性がないと判断して切ります。