スプリンターが通用したレース展開に外人騎手|2015中京記念回顧

Pocket

先日行われた中京記念は スマートオリオン が
先行から抜け出しての勝利

スマートオリオンのこのレースの勝因はペースと馬場です。
例年中京記念は外枠の差し馬が活躍するレースで
1600m以上の活躍経験があるような馬が台頭するレースでしたが
今開催は内馬場が想像以上に悪かったため
逃げ馬も外へ持ち出すような内容でした。

その影響で外枠の馬がより外に振られて例年よりも外が伸びない形でした。

そしてレース展開としても今回はそれほど前が厳しくない流れで進んだので
1200,1400を主戦としていたスマートオリオンにとっては
距離が持つような展開になりました。

荒れた馬場は血統面からも問題なく
デムーロ騎手の手綱さばきも光ったと言えます。

マイルの重賞を勝ったことで1200m戦に戻ってどういう影響が出るかが
焦点となりますが、このまま連続で好走するとは思えません。

2着 アルマディヴァン も内枠をロスなく進めた事で
最後の伸びに繋がりました。

展開の恩恵を受けたことは間違いなく
実力としてはまだ足りていないと考えるのが筋です。

3着には ダローネガ が入りました。

今回最も真っ当に走った馬だと評価出来ます。
展開にやられましたが、現在の充実度が光る存在で
次走も期待出来るでしょう。

1番人気 カレンブラックヒル は7着

展開から考えると逃げた割にはだらしない競馬でした。
3歳時のような凄みがある馬ではありませんが
粘りだけは残っているので、今後重賞でも走れるでしょうが
状態面・適性面は考えておかないと凡走をしてしまう危険性のある馬です。

レッドアリオン も伸びずに8着

この馬については位置取りが悪かったという一点に尽きます。
もともと切れる脚があるタイプではないので
ある程度前にいた方が持ち味は発揮できます。

今回は展開と枠順にやられました。

今回のメンバーの中では6着 アルバタックス も健闘しました。

スタミナを要するようなレースならG3レベルでも戦えそうです。
逆にスピードのある馬ではないですね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。