グランデッツァ復活!マイルチャンピオンシップ有力馬へ!七夕賞回顧

Pocket

先日行われた七夕賞は グランデッツァ が完勝

3年ぶりに重賞勝利を手にしました。
グランデッツァ自身は能力の高い馬なので
勝利したこと自体は驚きません。

もともと気分屋で自分のペースで走れた時は能力を発揮する馬
揉まれたり、競り合いになると弱さを見せる馬なので
今後も安定して走るという事はないでしょう。

ただ、スピードに特化した馬なので
京都になった時に最も力を発揮する馬です。

秋に行われるマイルチャンピオンシップは注目です。
逆に毎日王冠などは難しいでしょう。

2着には ステラウインド が入りました。

前走の目黒記念から今回の舞台への条件替わりがプラスに出た格好

距離は2000m前後がベストな馬で
小回りコースにも対応が出来る馬なので
今回は力通りに走ったという印象です。

3着 マデイラ はなかなか予想が出来なかったと思います。

なぜ、今回好走出来たのかもよく分かりません。

4着には メイショウナルト が入りました。

こちらは2番手でしっかりと折り合って、自分の競馬は出来ました。
やはりこの時期のローカル重賞はよく走ります。

今夏の開催では注意が必要な馬でしょう。

5着 アルフレード は健闘した部類です。

脚質や枠順、コース条件など全く合っていませんでしたが
この馬の能力と鞍上の手綱さばきでこの着順を確保しました。

新潟競馬場に替わったときに勝負が出来る馬です。

1番人気 レコンダイト は12着と惨敗

前走東京2500mがマッチしていたので
今回の舞台替わりは当然マイナスで
1番人気になるような馬ではありませんでした。

今回のレースで最も買ってはいけない馬ですし
このあたりは判断できるようになりたいですね。

マイネルディーン はポジションを下げすぎましたね。

ここらへんは柴田騎手の甘さと言えるかもしれません。