2015福島記念予想|レコンダイトは危険!レースは荒れ模様か!

Pocket

今週の福島重賞レースは七夕賞

荒れることで有名なレースで穴党は腕が鳴るレースですね。

今年も妙味のあるメンバーが揃いました。

1番人気が予想される レコンダイト

近走の充実ぶりは目を見張るものがありますが
その実績は広いコースかつ長距離戦でのもの

今回は福島の小回りコースで淀みのない流れになりやすい2000m戦

どう考えても適性がありません。
血統的にもハーツクライ産駒の距離短縮戦は成績が悪く
1番人気で買える馬ではありません。

ここは自信を持って切ります。

同じく人気の グランデッツァ

こちらは年を重ねてスピード勝負向きの馬に特化してきました。

福島2000mはスタミナ勝負。
直線坂がなく、馬場の荒れがまだ少ないという救いはありますが
基本的にグランデッツァが活躍する舞台ではありません。

こちらも人気に見合わないので切ります。

本命は マイネルディーン

福島での戦いという事でまずは内枠に目がいきます。
その中でマイネルディーンは最内枠を引き、福島実績もあります。

能力的には一歩劣っているのは間違いないですが
福島民報杯では、ダコールと差のない競馬をしており福島なら十分戦えます。
マイネル主戦の柴田騎手への乗り替わりも気配を感じます。
(柴田騎手だから安心、とはなりませんが)

馬群さえしっかりと捌ければ、好走の可能性は十分です。

対抗は ステラウインド

ゼンノロブロイ産駒でスタミナのかかるレースは得意
そして、好位を取れる脚もあります。

加えて、2000m戦の実績もあるため
レコンダイトと違い距離短縮もプラスになります。

3番手は フラアンジェリコ

一番良いのは2枠4番という絶好枠をゲットしたという点
休み明けで田辺騎手が乗り替わりというあたりも
この馬の気配の良さを感じる材料の一つです。

穴で グランデスバル

近走はさっぱりですが、今回は相手関係も展開も楽になります。
こういうタイプは展開が向けば大駆け出来るので
近走成績が悪いなら、むしろ買いたいですね。

ここからは押さえです。
あまり強調材料はありませんが切るには惜しいという馬です。

昨年覇者の メイショウナルト

今回は津村騎手という点が何よりも不安です。
もしかしたら状態がイマイチなのかもしれません。

ただ、展開を見込んだ枠も実績も十分なので外し切れません。

実績一番の トウケイヘイロー

こちらも柴田善騎手とここ近走の迫力不足が不安ですが
実績上位で根本的な能力があるので
展開ハマれば圧勝してもおかしくありません。

近走充実の アルフレード

この馬は近走好成績を収めていますが
脚質的にも不器用なタイプで普通なら切りの馬です。

が、北村騎手に乗り替わり中段くらいで競馬をしてしまうと
今の充実度と枠の恩恵から普通に来てしまうので、扱いの難しい存在です。

馬券はマイネルディーンから軸1頭3連複流し
グランデスバルまでの上位4頭での馬連・ワイドBOXを考えています。

こちらも人気がどのように推移するかで
買う馬券が変わってきそうですね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。