アンビシャスはGIに手が届くか?ラジオNIKKEI賞回顧

Pocket

先日行われたラジオNIKKEI賞は
1番人気の アンビシャス が圧勝。

正直なところ福島コースへの適性はありませんが
ルメールの手綱と能力の違いで勝利したという結果になりました。

レベルは高くなかったとはいえ、
重賞でこれだけの勝ち方をする訳ですから、能力は間違いなくあります。

前走のプリンシパルステークスから走りが
本格化した印象もあり、菊花賞は楽しみです。

3000mという距離は決して得意ではありませんが
過去2戦きっちりと折り合っているので
距離延長の不安は少ないでしょう。

2着は ミュゼゴースト が差してきました

アンビシャスが一気に先団を飲み込んでしまったことと
距離ロスなく競馬を進めたことが今回の好走の要因です。

小回りコースは得意そうですね。

3着は マルターズアポジー

逃げた時点でアドバンテージを取りましたね。
しっかりと逃げた武士沢騎手の判断勝ちです。

穴馬を狙うなら逃げ馬が一番

これは基本ですね。
(どの馬が逃げるのかの判断は難しいのですが…)

4着の ロジチャリス は惜しい競馬でした。

最初のコーナーに入るまでに外を回らされたのがきつかったですね。
大野騎手だけの責任ではありませんが、
もう少し上手く立ち回っていれば、3着はあったかもしれません。

内容的には2番目に見せ場がありました。

2番人気 レアリスタ は最下位

前走が展開に恵まれての勝利だっただけに
今回は過剰人気だったのは否めませんが
それにしても走りませんでした。

能力的に頭打ちなのかもしれません。

良血 アッシュゴールド も見せ場がありませんでした。

3歳での復調は難しそうです。
古馬なって成長を遂げる可能性はあるので
まだまだ捨てられる馬ではありません。